雅楽練習記 メインページ »» 中級編

目次


天王寺楽所雅亮会公演会参加紀

大阪文化祭参加 天王寺楽所・雅亮会

第35回

雅楽公演会


2001年11月16日(金)午後6時開場 6時30分開演

大阪肥後橋・フェスティバルホール



演奏曲目

第1部  管絃

壱越調音取(いちこつちょうのねとり)
酒清司(しゅせいし)
新羅陵王急(しんらりょうおうのきゅう)

第2部  舞楽

振鉾(えんぶ)
蘭陵王(らんりょうおう)
胡徳楽(ことくらく)
桃李花(とうりか)

退出音声(まかでおんじょう) 長慶子(ちょうげいし)


演奏・天王寺楽所雅亮会

主催・天王寺楽所雅亮会、朝日新聞社

後援・大阪府、大阪市、大阪府教育委員会、財団法人大阪21世紀協会、四天王寺、天王寺舞楽協会、住吉大社、朝日放送


∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞

つきやまにとっては、三度目の公演会でした。

演奏曲目は、桃李花と長慶子。
去年は長慶子一曲だけだったことを考えれば、かなりの進歩です。

なぜなら、桃李花には、調子が、セットでついています。
舞楽において、舞人が登場するとき、退場するときに、それぞれ、演奏される曲です。

調子。
それは、とんでもなく難しい曲です(←私には)。
初めて触れたのは、初級2(お稽古2年目)の半ばあたりだったでしょうか。

笙の演奏とは合竹(和音)を奏でることだと思い始めていた私にとって、叩く、打つ、具す、残す、など、指を一本ずつ複雑に動かさなければならない調子の出現は、衝撃的でした(←やや大げさ(^_^;))。

それまで、途方もなく難しいと思っていた、楽譜にして3行ある太食調音取(たいしきちょうねとり)。それよりも、もっとややこしい曲が出てきてしまったのです。

「調子(黄鐘調)は、4+2で6行もある!(しかも繰り返しがつく……)」

楽所のシステム上。
普段のカリキュラムと、公演のための特別練習とは、別枠になっています。
練習生のなかには、公演に出ない人もいるので(中級以上には出演の機会が与えられますが、当日身が空かないなど、個人的事情で出演できない方も多い)、普段の練習に、公演会曲は組み込まれないのです。

練習所できっちりと伝授してもらう機会もない、黄鐘調・調子。
それを、特練の場で、突然、正会員の上手な方々に混じって吹けと言われても。

しかも、何と言っても、遠方雅練生の身。
週に一度のお稽古ですら、毎週はとても行けない状況だというのに、週に二度以上、特練にまですべて通うことなんて、ほぼ不可能です。
9月から始まっていた特練。
私が参加しはじめたのは10月に入ってから。
「ああ吹けない。どうしよう」
焦りながら、公演までの日を過ごしました。

∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞

当日。
出演者は午後1時に楽屋入りです。
2時からのリハーサルに備えて、狩衣に着替えます。

女性の楽屋は地下。同じ部屋に、二十人ばかりはいたでしょうか。
襦袢をつけ、白衣を着、浅黄色の袴をはきます。すでに四度目だというのに、まだ袴のはき方が下手で、会員の方が見かねて手を貸してくださいます。

狩衣まで着ると、笙をあたためるときに動きがとりにくくなるため、白衣と袴だけで、いったん着替えを中断し、笙をコンロであぶることに。

狭い楽屋に大人数で、ただでさえ熱いところに、電熱のスイッチが入ると、熱気がいっそうこもってきます。外は肌寒いくらいだというのに、汗ばむほどです。
「冷房つけたい」
リハーサルは、第2部の舞楽から。
本番では見られない演目。見る機会はリハーサルのときしかありません。
笙あぶりを中断し、手早く狩衣をつけ、客席に。

蘭陵王はすでに始まっていました。

お稽古のときに、何度か見てはいます。
ですが、それは、普段着の蘭陵王。
想像してみてください。
あの派手な仮面と衣装の舞を……普通のおじさんが普段着で踊っているわけです。はっきり言って、まったく別物です(←はっきり言い過ぎ・汗)。

フル装備での舞姿。
毛縁の裲襠装束(りょうとうしょうぞく)に、金色の仮面。

「おお、これこそ蘭陵王」。

やっぱり、良いです。
すごく好きなんですよね。

美形過ぎるため戦場に赴く際には仮面をつけていたという伝説の王の舞。

動きのすべて  特に飛ぶような動作が、あの豪華で重たそうな装束をまとっているにも関わらず、普段着のときとまるで変わらず……いえ、逆に軽々と見えます。不思議なくらい。カッコイイ。

続いての、胡徳楽。
酔っぱらいダンサーズが登場する笑える舞です。

練習所のお稽古中、会員の方が雑談でおっしゃっていました。
「面を着けずに練習しているときは、照れが入ってなかなかできないようなアドリブも、面をつけて誰か判らなくなると、、急に大げさになってくるから……」

酒をついでまわる瓶子取。酔いが回ってよろける足下。早く自分のところにも注ぎに来いとせかす客人。酔っぱらって踊り出したあとも、杯を干した拍子に仰向けに転がったりとマメに笑いをとります。退場も、当たり前にはいかず、管方にちょっかいを出したり、太鼓の音に驚いて飛び退いたりと、いそがしい。

途中で、桃李花の演奏のために笙をあぶりに行かなければならなかったハズが、結局、最後まで客席で見ていました。

そして、いよいよ、桃李花。
出番です。

初めて舞台上の位置につきました。
とにかく、リハーサルでやらなければならないのは、楽譜の位置の確認。お稽古の時は普段着、というのは、管方も同じ。狩衣を着るのは、当日だけです。

まだ数回しか袖を通していない狩衣は、布地もごわごわで、少し袖を動かしただけで大きくふくらみ、楽譜が隠れそうになります。何度も構えてみて、とにかく、見える位置に楽譜をキープ。右方の位置で、客席から見えるのは基本的に左側だけ。右手の袖は思い切って脇に畳み込み、多少みっともなくても楽譜にかぶらないことを優先することに。前の列のひとにも、構えるときになるべく袖を振らないようにお願いしておきます。前のひとの袖で楽譜が隠れることもあるのです。

演奏が始まりました。
笙の主管が調子を吹き始め、ついで、右方の笙が入ります。練習通りに構え、吹き始め……そこで気付いたのは、隣の方の動きです。

私は、右方の笙のなかで、最後列。
隣は、篳篥の方です。
となると。

吹き始めるタイミングが違うんです。
私が吹き出しても、しばらく篳篥は動かない。当然、隣の方もじっとしている。

……も、もしかして、この方には、ダイレクトに私の演奏が聞こえているんじゃあ。

青ざめました。恥ずかしくないように、間違えないように、完璧に吹こうとは思っていても、所詮は「その他大勢の中のひとり」。多少、ずれても、誰にも聞こえないし……という甘えがありました。

だけど、ここにひとり、確実に、私の音をダイレクトに聞いている(かもしれない)ひとがいる。

どうしよう、どうしよう。間違ったら判ってしまう。

そう思うと、だんだん、音が弱くなります。間違えるくらいなら、吹かない方がましかも。

曲に入ってからも、焦りは消えません。本来なら、笙のほうが、先に音を出さないと行けないのに、篳篥の音をさぐるように入ってしまう。こんな笙の音に合わせるんじゃ、隣の人はさぞ、やりにくいだろうな……。

恥ずかしくて、曲が終わったあと、隣のひとの顔を見ないようにして去りました。
ああだけど、本番も同じ席で吹かないと行けない(←当たり前)。
嫌だなあ……隣が笙のひとでないことが、こんなにキツイと思わなかった。

まいったなあと思いながら、楽屋に戻りました。

いったん洋服に着替え、休憩&お弁当タイムです。
外の様子を見に行きたくても、出来そうにない感じ(←あまり客席に出ないように言い渡された)。

しょうがない。
四時半頃から早々にお弁当を広げました。
幕の内。ペットボトルの爽健美茶つき。
去年まではカンのウーロン茶だったのに、ややグレードアップしたようです。

5時を過ぎたころに、「すでに行列ができているらしい」との噂が楽屋に入ります。嬉しいような、緊張がたかまるような。

開演前のベルがなります。
舞台からは管絃の調べが。始まったみたい……と思っている間もなく、第1部がおわり、あっというまに2部へ。

振鉾、蘭陵王も終わる。

そろそろです。狩衣を再びまとい、笙を手に、舞台の袖へ移動。
笙は、あぶらないといけないので、篳篥や龍笛のひとより先に動くことになります。
舞台では、胡徳楽が演じられていました。
袖に用意してあるコンロで楽器をあぶっていると、客席の笑い声が伝わってきます。舞台でどんなおもしろいことをやっているのか。気にはなりますが、見えません。幕の隙間からちらちらと見えるだけ。

笑い声と喝采を浴びて、舞人さんが退場してきました。
さあ、次です。
いったん、緞帳がおります。

舞台の裏を通って、右方の位置へ移動。
さっきと同じく、楽譜を入念にセットします。

緞帳があがりました。

二階までびっしりとうまった客席が、ちらりと視界の端に見えます。

緊張は、しませんでした。
小心者の私のことだからあがるだろうなあ、と思いはするんですが、いざとなると、いつも、案外、冷静(なら「あがるんだろうなあ」と思うのをやめたら良いようなものなんですけどね)。

桃李花、演奏開始です。
調子から、曲へ。舞人さんが、かすかに見えます。
懸命に吹きます。
1ページが終わり、次のページへ。

止め手がきます。

突然、客席がざわつきました。

驚いて、何が起こったのかと舞台を見ました。
ステージ上から桃色の花びらが舞い散り始めていました。きらきらとライトを浴びて、舞人の上に降る花びら。綺麗でした。舞台の上だけ、春がやってきました。入調の間も、花は降り続けました。

いったん、暗転の後に、長慶子。
発表会や公演で、すでに何度も吹いた曲。
素早い手移りにもだいぶ慣れました。
曲調も、耳に馴染んでいます。

拍手とともに、緞帳が下りました。

∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞


「終わった〜〜〜」

肩の力を抜いて、立ち上がりました。
とたん、慣れない楽座にしびれていた足が動かず、ひっくり返りそうになりました。
どうにもこうにも、修業の足りない楽人ぶり。情けない(涙)。

友達の肩につかまってなんとか、舞台袖に退場。楽屋へ続く通路には、テーブルが用意され、半分だけビールが注がれた紙コップがずらりと並べてあります。

それを一つづつ受け取って、中央の楽屋へ全員、ぞろぞろと。

動員数の発表の後、「お疲れさまでした」と乾杯!
一息にビールを飲み干しました。

狩衣を脱ぎ、着替えを終えました。
楽屋の片づけがすんだのを見計らって、フェスティバルホールを出ました。
客席に来てくれていた方々に、ご挨拶したかったけれど、もうホールは電気も落ち、人の姿もほとんどありません。残念だけど、みんな、帰ってしまったようです。

風が肌寒く感じました。
楽屋のこもった空気のなかから出てきたばかりで、大阪の都心の空気なのに、やけに新鮮です。

駐車場から続く、楽屋口から表に出ます。
初めてここを通った二年前は、もうそれだけでどきどきして嬉しかったっけ……。
笙ケースに衣装ケース。大荷物を抱えて、川端の道を歩きます。
ここを歩くときは、たいてい、フェスからの帰り道。
客席にいるとき、舞台にあがったとき。状況は違いますが、なんだかふんわりと上気した気持ちは一緒です。

自分の演奏がどうだったか……判らない。
練習の成果をちゃんと出せたとは思うけれど、それでも、出来が良いというレベルじゃなかっただろう。少なくとも、この一月ばかり、気合いを入れて練習したから、そのぶん、上手くなったハズ。舞台を踏む、踏ませてもらう、っていうことは、それだけで意味がある気がする。

公演の出来不出来……それも、私が把握できるようなもんじゃない。
だけど、動員は2400人を越えたらしい。これはすごいこと。天井に近い席までびっしりうまった客席。1400年前にもきっと、同じ曲を、同じ大阪の町で聴いたひとがいただろう。戦国時代にも、江戸時代にも、おなじように。その伝統ある楽所の曲。自分で演奏に参加できるようになった。それが、嬉しい。

フェスティバルホールから、淀屋橋駅まで、5分程度の川端の遊歩道。
大阪の町で好きな景色をいくつかあげるとしたら、ここも入るなあ。

疲れた体に楽しい気持ちを詰め込んで、大きく息をつきながら、ゆっくりと、その道を歩きました。

そうして、今年の雅楽公演は、終わりました。

∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞


最後になりましたが。

当日、見に来てくださった皆様。
激励の言葉をくださった皆様。
つきやまの姿を探してくださった皆様。

本当に、ありがとうございました。

お稽古場でいろいろアドバイスをくださったりした雅亮会の先生・先輩方。
一緒にあたふたとお稽古に通ってくださった同期生の皆様。

改めて、ありがとうございました。

フェス公演という大舞台を、例年以上に楽しめたのは、皆様のおかげです。

今後とも、どうぞよろしく、お願い申し上げます。
平成13年度 発表会参加記

平成13年度

雅楽練習所発表会

2002年03月14日(木)午後6時開演

大阪国際交流センター


演奏・天王寺楽所雅亮会・雅楽練習所

後援・四天王寺、天王寺舞楽協会




演奏曲目

第1部  管絃

初級1 平調 五常楽急
初級2 壱越調 新羅陵王急
中級  黄鐘調 千秋楽☆☆
上級  太食調 輪皷褌脱

第2部  舞楽

振鉾
延喜楽
萬歳楽☆
退出音声 長慶子☆

(つきやまは☆印の曲に参加。☆☆では主管を担当)

∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞

発表会参加は三度目。今回は「中級」での参加です。
前年度までは、会場が四天王寺五智光院。狭い広間に出演者、観客が押し合いへし合いで行われる発表会は、独特の味わいがあり、楽しみにしていました。ほの暗い四天王寺の廊下を狩衣を着てわたる……それだけで風情があるってもんです。写真撮影にも最適。気分も盛り上がります。

しかし、今年はホール公演に変更。演目を見る、という点で考えれば、見やすいんでしょうが、さあてどうなることか。正直、ちょっと不安でした。楽しみが減るような気もしてました。

そして、当日。

∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞

集合は午後1時。
楽屋は、女性全員で一室(舞人さんは別)。

2時からのリハーサルに備え、まずは装束に着替え。いつも通り、白衣に袴まで身につけたところで、笙吹きだけはコンロのまわりに集まって楽器あぶり。狩衣を着てしまうとかさばって身動きが取りにくいので、直前までフル装備にはならない。

2時が近づく。初めてのホールで舞台の設営も手間取っているのか、時間が押しているよう。篳篥、龍笛のひとたちはステージ近くの集合場所に移動、笙はコンロと離れられないので、しつこく楽屋にとどまる。楽器は充分にあたたまっていたので、この間に一人でコンロまわりから離れて音取の練習。

30分ほど遅れて始まったリハーサル。客席から初級1、初級2の演奏を見学。時間の都合で、音取から曲に入り、2、3行すすんだところで「はいそこまで」と切られてしまう。ということは、止め手の練習はできない。つらい……。

すべてのリハーサルが終わると、全員客席に降り、その場で雅楽練習所の今年度の修了式に。例年のように、皆勤賞の発表&賞品授与も。もちろん、私は縁がない(涙)。

4時半。
お弁当配給。楽屋に戻り、またまた狩衣を脱ぎ、白衣だけになって、急いで腹ごしらえ。5時半になると会場にお客さんが入ってこられるので、音出しが禁止になる。それまでに少しでも練習をしたいので、ゆっくり食事している余裕はない。

食事後、コンロの横に陣取ってあぶりながら、何度もひたすら音取を繰り返す。楽譜にして2行ほどの曲を繰り返していると、さすがに飽きてくる。それでも、不安が消えない。他の竹を押さえてしまうことなんてまずないけれど、でも、まったくないとは言えない。たまには、ある。その「たまに」がステージの上でめぐってきてしまったら。

そのうち、同期生で、長慶子の笙の主管にあたっているひとが隣にやってきて、同じく繰り返し練習。彼女は止め手のみなので、ひたすらラストのワンフレーズを繰り返す。

そのうち、側で見ていた同期のみなさんが笑い出す。「二人とも、徹底して自分がソロになるとこしか練習してない」。確かに、聴いてたらおかしかっただろうなあ(汗)。

5時半、開場。
初級のひとたちがスタンバイに出ていく。
6時、開演。
演奏が楽屋に聞こえてくる。
初級1と入れ替わりで、中級も準備に入る。

さあ、いよいよ。

私はお祭り好きだから、本当は、こういうイベントは気持ちを盛り上げて臨みたい。でも、気持ちが盛り上がると、平常心じゃなくなるわけで、自動的に緊張がついてきてしまいそう。なので、ひたすら、「これは大したイベントじゃないのよ」と思う方向に気持ちを持って行くようにする……なんだかもったいない気はするのだけど。「すごいイベントなのよ!」と盛り上がって出演したいのはやまやまだけど、それでしくじったら元も子もないしなあ……。

「緊張してる?」と訊かれるのが辛かった。緊張の二文字は私の辞書にはない!というつもりでいるのに、「緊張してる?」と訊かれると、「ああそういう文字は確か私の辞書にもあるような」と思い出してしまう。

「がんばって」と言われるのは嬉しかった。どなただったかに「さあ私の演奏をお聴き!……って気分よv」と阿呆なコメントを口にしてしまう。そのくらい言わないと平常心でステージにあがれなかった(しかし、そんなことを言う時点で、すでに平常心ではない)。

ステージに上がると、客席はほとんど見えない。アナウンスが切れる。私が吹き始めないことには演奏は始まらない。実は、わざと一呼吸か二呼吸遅らせてみようか……なんてことも楽屋で話していた。後ろのみなさんが「だ、だいじょうぶかつきやま、緊張して動けないのか」、とはらはらするかなあ、なんて。……本番ではやりませんでしたが(^_^;)。

音取が無事終わる。思いっきりほっとする。「千秋楽」が始まる。龍笛が聞こえてくる。付け所のタイミングを間違わないように、構えて、吹き始め。吹いている途中で、やけに楽譜が見やすいのに気付く。

天王寺の練習場所(去年までは本番もその場所だった)は、とにかく薄暗くて楽譜が読みづらい。私は目が良くないし、コンタクトもきっちり合ってないし、そもそも場所が狭いから隣のひとの狩衣の袖が楽譜にかぶる。自分の袖も視界を遮る。今年もそんな感じだろうと覚悟していたのに、まあ、はっきりくっきり明るく隅々まで見えること。主管は、隣がいないから、思いっきり見やすい場所に楽譜をおけた、ということもあるのだけど(自分の袖にかぶらないようにかなり離れた場所においた)。

実は、楽譜には嫌な思い出があって、初年度の発表会のとき、狩衣を着ての演奏に慣れていなくて、いつもの感覚で楽譜を脇に置いたら、笙を構えた瞬間から、自分の狩衣の袖で、まったく見えなくなってしまった。真っ青になったけれど、吹き始めてしまったら、もう楽譜をいじるわけにいかない。しょうがないから、隣のひとの楽譜を必死にのぞきながら吹いた。

今回、主管を仰せつかって、気がかりはいくらでもあったのだけど、かなり大きかったのが、実はこれ。「主管には隣はいない。自分が楽譜の置き場所を間違ったら、誰の楽譜も見せてもらえない!」。対策をたてようにも、こればっかりは、時の運というか……狩衣の袖さばきを練習すれば良いってもんでもなかろうし、当日、笙を構えた瞬間に袖がふくらまないように祈るしかできない。

せめてできることは、と思いついたのが……当然と言えば当然なのだけど、「完全暗譜」。楽譜なんて見えなくてもすらすら吹ければ良いわけで……一応、それを念頭に置いて練習に励むことに。

本番までに、3分の2までは覚えた。前半は割と楽。乞と乙だけで1行、なんて箇所もあるし(全部で8行)。問題は、「比一」が繰り返して出てくるあたりから。ややこしい。でも、最悪、途中で判らなくなったら「比一乞」のメロディが出てくるのを待てば良い。判りやすいメロディだから、止め手の箇所が判らなくなることだけは避けられる。……等々と、いろいろ考えて本番に臨んだというのに、もう、拍子抜けするほど楽譜が見やすい!! お稽古時間に録音した音源を聴きながら自分で楽譜を書いてみて、後から正解と付き合わせる、なんてことまでやったのに、ほとんど意味なし。がっくり。

音取のラストの「行乞乙」では、乞を押さえる左手の薬指がふるえていたけれど、止め手の「行乞乙」はふるえが止まっていた。

主管が終わると、思いっきり肩の荷が下りて気が抜ける。暑さのせいでか、やはり緊張していたからか、汗びっしょり。いったん楽屋に戻ったけれど、とても笙をあぶる元気が出ず、冷たいジュースを買いに行く。狩衣姿ではお手洗いにも行けないので、あまり水分はとらないことにしているのだけど、もういいや、という気分で、オレンジジュースを飲み干す。

ステージはいよいよ舞楽に入り盛り上がってきた頃だというのに、こっちはすっかり終わった気分。萬歳楽、長慶子が残っているけど、大人数で吹くから、覚悟が全然違う。それじゃいけないと建前では思っても、やっぱり本音はねえ……。

舞楽の座席は前から2列目。最前列の方が当日欠席されて、リハのとき、繰り上げで最前列に……と言われてしまったのだけど、最前列は構えのタイミング等々、すべて自分ではからなきゃならない。舞楽のときはもう主管じゃないから前のひとに合わせて動こう、と思っていて、自分で明確に把握してないから、絶対ムリです、と主張して、本来、私の後ろに座るはずだった方に前にいっていただいた。すみませんでした。

延喜楽が始まったタイミングで、再びステージ裏へ移動。萬歳楽演奏のため、ステージに出ると、今度は余裕を持って客席を見回せた。6〜7割くらい埋まっていたような。曲が始まる。「調子」から。秋の公演会のときはびびりまくった「調子」だけど、一人で音取をやることにくらべたら全然気楽。そう思えるようになっただけでも良い経験をしたんだろう。。続けて長慶子。曲に入る前に、隣の篳篥の方が楽譜を閉じる。すごいなあ。楽譜を見なくても吹けるなんて。

8時半。演目、すべて、終了。
例年なら、その後に全員集合して演奏の批評を聞く時間があったのだけど、今回はホールの制限時間があって、すぐに後かたづけ、解散。

ホールを出たら、やっぱり雨。
萬歳楽を吹いている途中、雨の匂いがすると思っていたのだ。乾いた地面に水の落ちる匂い。

お友達の車で駅まで送ってもらい、帰宅。
長い一日でした。

∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞

○主管に決まって(演奏以外で)怖かったことその一は、上に書いた楽譜のことなんですが、その二は、構えて吹き始めるタイミングを自分で計らなきゃいけないこと。これまでずっと、「主管に合わせて」としか考えていなかったのです。タイミングを間違え後ろがみんな吹き始めているのに自分だけ構えもしていない図、とか、自分が構えているのに誰も一緒に構えてくれない図、とか、いろいろ想像して、青ざめてました。

○結局、いちばん緊張したのは、最後の練習の日。前にずらりと先生方が並ぶなかで吹いたとき。あれは怖かったよ……。

○お稽古会計大幅赤字。遠距離通楽(あ、この当て字、良い感じ。今後、使うことにしよう)なので、毎週通おうなんて、もともと思ってない。なのに、さすがに、主管に決まってからは休めず……結果、年明けからは皆勤。ああ、しばらく高い本は買えない。

○音取の入ったCDを、同級生が貸してくれました。繰り返し聴きました。ありがとうございました!

○当日、HPでもお世話になっている先輩方が、あちこちで激励の言葉をかけてくださいました。中級のリハ終わったあとに「ちゃんと出来てた、本番も同じ調子で」と声をかけてくださったり、本番のステージに向かう通路ですれ違いながら「がんばれ〜」の一言をくださったり……ありがとうございました!



ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2017 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya