雅楽練習記

  初めに  〜私と雅楽〜

雅楽に関連する小説を書こうと思いました。
そのため、取材目的で『雅楽』を習うことにしました。

右も左も判らない状態で飛び込んだのは、小説で描く予定だった由緒ある大阪の楽所。
JRの特急に乗って、楽しくも充実した「遠距離通楽」の日々。
楽器の名称さえ判らなかった私は、その楽所で6年間お稽古をしました。

初級編〜上級編、番外編は、その楽所での練習記です。
(初級、中級、上級の区分は楽所のシステム上のものです)。

その後、諸事情から楽所を退所することになりました。

現在は地元福井の雅楽会に所属し、笙を吹き続けています。

   初級編    中級編    上級編    番外編
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2017 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya