カテゴリー
アーカイブ
 

0005
先日、人生初の手術を終え、無事に退院しました。
今は、手術の傷を治すことを第一に、自宅療養中です。
 
入院というもの自体、物心ついて以来、初めてのことでしたから、いろいろと緊張いたしました。何をどう準備していいのかも、まったくわからず。
病室はスマホ駄目らしい、とここに書いたすぐ後、主治医の先生に「ですよね?」と確かめたら、「え、みんな使ってますよ。Wi−Fiついてるし」と言われたりもしました(病院のHPに駄目って書いてあったんですよ。更新してくださいよー)。実際、手術直後、まだ体のあちこちに管がつながっていて身動きもできない状態で、看護師さんが「スマホ見たいでしょ、最近はみんなそうですよね」と、何より先にスマホを手元に持って来てくれたりして、そんなもんなのかとびっくり。
 
手術室に入るのも初めてで、「ドラマで見るのと同じですね−」「でしょう? 山ピーはいないけど」との会話を最後に麻酔が効いて意識が途切れ、「そっか、山ピーか。手術室には唐沢寿明がいるような気がしてたけど、古いのか」と思ったのは、終わって目覚めた後のこと。麻酔が切れた後、なぜか目と頭がさえまくって、睡眠剤もらってもまったく眠れず、一睡もできないまま、「まだ寝られませんか」「そうですね。起きてますね」という会話を、一時間おきに様子を見に来てくれる看護師さんと交わしながら、寝返りさえできずに自分の心電図を眺めて一夜を過ごしたのが、いちばんきつかったです。
 
全身麻酔の手術を甘く見過ぎていたのか、退院後、体力が予想以上に低下していて、それでも何とか早く回復したくて無理して歩き回ってバテてしまったり、夜中に傷が痛くて目が覚め、急に不安になってめそめそしたり、いろんなことを経験しながら、基本的には、前を向いて、それなりに元気にやっています。
 
今日は久しぶりに電車に乗って出かけました。
あちこちで桜も咲き始めていました。
 
退院後の楽しみにしていた「刀剣乱舞ミュージカル・三百年の子守唄」のライブビューイングは、上映後の帰宅がかなり遅くなりそうなこともあって、体力を考えると結局、諦めるしかなかったのですが、自宅で配信で楽しみました。行きたかった。でも、自室ででもリアルタイムで楽しめてよかった。今もディレイ配信見てます。
 
春はあちこちで刀の展示もあるし。
見に行けるよう、体力をつけます。
 
でも、もし今回、見に行けなくても、何十年先でも刀は変わらずそこにある。
そんなことを、病室のベッドで展示スケジュールをにらみながら、考えていました。
 
そして、もちろん、仕事のことをあれこれと。
 
小説を、書きます!
そのために、がんばります。
 
あ、そういえば、「浪花の華 緒方洪庵事件帳」の再放送は、4月16日から、時代劇専門チャンネルです。
よろしくお願いいたします!
 
 

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.162sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
© 2008-2019 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya