カテゴリー
アーカイブ
 

5月6日、大阪松竹座、「蘭 緒方洪庵・浪華の事件帳」初日の初回。
 
見終わったあと、本当に胸がいっぱいで。
ちょっと、座席に突っ伏して、「あー、これ、このまま楽屋挨拶いったらやばいなー、取り乱してしまうなー」と思ったりしました。……実際には、待ち時間があったりして、一応、冷静さは取り戻しましたが。たぶん。取り戻していたはずですが。
 
見所は本当に、たくさん、たくさんあって。
数え切れないくらいなんですが。
 
初見で、ともかく泣けたのが、ラスト近くの、花道での在天二人の口上でした。
一般的な泣き所とはちょっと違うかなと思うんですが、「在天別流」の生みの親としては、こみ上げるものがありまして、ちょっと、こらえきれなかった。
 
小説世界の在天別流は、ああいう名乗りをあげたりはしません。
でも、一族の胸の内にある「誇り」を、形にすると、こうなるのかと。私も知らなかった、在天の矜持を、はっきりと見せてもらえた気がして。
 
また、個人的な思い入れですが、在天別流という存在を書いたことで、私はプロ作家になれたので。だから、すべての始まりだったものが、形になって目の前にあらわれたことで、いろんな思い出が目の前を通り過ぎていきまして。……特に、ドラマ版以降のこととか。
 
いろいろあったけど、ふんばって生きてきてよかった。
そう、思いました。
 
……なんか、ホントに個人的な話で、すみません。
 
この、在天の口上と、それから、一幕終わりの、左近の歌と章の舞。
これを、目に焼き付けなければと思ったから、とりあえず、初日の夜公演もお願いして見せていただきましたし、次の日の昼公演も、その日のうちにWEB松竹でとりました。初日の昼夜が、一回後方席だったんで、二階で何やってるのか、まったく見えなかったため、二日目昼は二階席をとりました。夜公演、アフタートーク回は、初めから予定していた通り、友人たちと一緒に見ました。
 
結局、何回行ったか、あまり人には言えないくらい、行きました。
模範的な原作者とか、平均的な原作者とか、関係者に呆れられない原作者とか、そういうのを目指そうという気持ちは、途中で捨てまして、ただ自分が後悔しないようにしよう、と。
 
前の記事で書いたように、「蘭」の世界は、原作のものとはかなり違います。
それでも、私が書きたかった大坂の町や、そこで生きるキャラの基本はぶれていなくて、「ああ、原作を大事にしてもらってるな」と感じました。「ここは変わってもいいけど、ここだけは変えないでくれ」と、言葉にして言ったことはないのに、ちゃんとそうなっていたので。
 
だから、左近ちゃんの浪華講案内がなぜか名人芸の域に達していたり、章がコミカルに役人手先と絡んでいたり、天游お定夫婦がめちゃくちゃ笑える夫婦だったり、若狭が五重塔の上からぶんぶん手を振ったりしても、それはそれでありかなと。
 
どれも、脚本の段階ではびっくりしましたし、正直に言えば、稽古場見学の時点でも、まだ少し、引っかかった箇所はあったんです。でも、本番になると、役者さんの百パーセントの「芸」が、そこにかぶさってくるので。「あー、これを活かすための、このシーンだったのか」と。
 
たとえば、加島屋さんのゴムパッチン。年末の打ち合わせの段階では、プロデューサーさん、「やりません」と明言されてたんです。でも、実際に舞台の上に加島屋さんが出てきた場合、見られるか見られないかって言ったら、そりゃ、見られたほうが楽しい(「やらないって言ったじゃないですか」とは思いましたけど・笑)。
 
そういう選択の一つ一つが、私の感覚と合っていたから、この舞台、すごく納得したし、好きになったんだと思います。
 
あと、実は、結構大きかったのが、「耕介とおあきが幸せになってる」こと。これは、うれしかったなあ。二人が幸せそうによりそっている、そういう世界線があるだけで、うれしかった。本当にけなげでかわいいカップルになっていて、見ているだけで「にっこり笑顔」になれました。
 
他も、たいていのキャラは、立ち位置が大きく変わっています。原作の「禁書売り」「神道者の娘」「北前船始末」をごちゃ混ぜにして二時間半にまとめたのが、「蘭」ですから。
 
でも、たとえば、船頭さんも、おゆきちゃんも、設定は変わっても、根っこのところは変わっていなくて、二人の港でのシーンは、卯之助のおっちゃんの立ち回りのかっこよさもあいまって、お稽古場から涙ぐんでました。
 
役人コンビの存在感も抜群で、同心の新井様は、コミカルなのにどこか粋で、「どこがどうなったらあれだけ粋に歩けるんだろう」と、毎回、こっそりじっくり観察してました。
 
手先の半治は、登場するだけで彼の周りに喜劇ワールドが生まれるってくらい、何から何まで完璧な笑いを起こすキャラで、「新井様付き、手先の半治や」の名乗りのたびに、拍手したくなりました。
 
思々斎塾のトラさん、ウシさんは、天游先生夫婦とホントに仲よさそうで、耕介ぼっちゃんのことも、ぼっちゃん扱いしているようで、平気で漬物石運ばせたりしていて、塾があったかい場所なんだなと、自然に伝わってきます。トラさんと半治さんの「実は……」のシーンも大好き。ラストで、トラさんが半治に声をかけるのが、またいいんです。
 
忘れちゃいけない、ケモノ一家。お稽古場では、名もないゴロツキだったんですが、本番でいきなり、楽しいケモノ一家になっていて、人気も急上昇で。同じ方々が、長州の椋梨さま軍団もされているんですが、あんなに愛されるやられ役ってないのでは、という存在でした。椋梨様コール、楽しかったなー。ケモノ一家さんが、それぞれ、塾生の時や、椋梨さま軍団で、どのポジションにいるか等々、探すのが、楽しみの一つにもなりました。
 
その、軍団のボス、椋梨さま。左近ちゃんとの対決シーンは、毎回、息をのむ迫力でした。その前に、部下に名前呼ばれまくっている姿は、なんだかかわいいお武家さまなんですが、刀を抜くと、すごい。
 
その緊迫したシーンに笑いをもたらす、山城屋の婆。一緒に見た友人知人のなかで、「いちばん印象に残ったのが山城屋の婆」というひとが、二人いました。すごい。
 
瓦版屋。メインキャラで唯一の、舞台のみのオリジナルキャラ。本音を言えば、彼のキャスティングが決まったときに、「えー、イケメン増やせるなら、オリキャラじゃなくて、弓月やってくれよ〜!」と思ったりしました。すみません。兄上が出ないことを、まだ諦めきれていなかったので。でも、初回を見終わって、楽屋でお会いし、「オリキャラなんで……」と、ちょっと遠慮がちに言われたときには、「あ、忘れてた、作品になじんでるから、なんか、うちの子みたいに思ってた」と、素で言ってしまいました。「蘭」という作品には、欠かせないキャラでした。
 
そして、圧倒的存在感の、悪徳商人、山城屋。登場シーンの、「よろず商い、山城屋忠兵衛でございます」だけで、にじみ出る「わー、何かやりそう」感。港でのシーンも、回を追うごとに、うさんくささ倍増。椋梨様の肩に手をかけて、「もうかりまっせ」と語りかける顔の、悪いこと悪いこと!
私が書いた、本屋の山城屋は、そこまで悪いキャラじゃなかったはずですが、もう、何倍もグレードアップした悪人になってくれて、「えらい出世しはったなあ」とほれぼれ見つめていました。
 
どのキャラも、確かに違うんだけど、それでも私の世界と溶け合ってるなあ、と思える空間が、「蘭」でした。
 
……ちょっと、長くなったんで、いったん切りましょうか。
 
「まだ続くのよ……」
すみません、もう、ここまで来たら、思いの丈を全部書き切るので、あと一回くらい、続きます。
 
 

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.315sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya