カテゴリー
アーカイブ
 

「蘭 緒方洪庵・浪華の事件帳」大阪千穐楽、観劇してきました!
楽しかった!
 
「洪庵シリーズ」を、すばらしい舞台にしていただき、本当にありがとうございました。
 
続いて、東京公演です。
楽しみです!
 
以下、台詞バレがあります。
お芝居の筋に直接かかわるものではないと思いますが、白紙で舞台を見たい方は、さけていただければと。
 
 
お芝居の中に、口上がいろいろと出てきます。
その響きの美しさを、かみしめています。
台本で、文章としては見ていたんですが、実際の語りを聞くと、ああなんて心地よい響きなんだろう、と。声に乗せられるのを前提とした言葉の美しさ、なんですね。
今も、ずっと耳に残っています。
 
まずは、いろんな場面が浮かぶ、浪華講の、あの口上。
「遠くちとせのいにしえに 聖なる帝がかまえしは 高津宮こそ難波の礎……」
北翔さんも、扇治郎さんも、味のある語りで、忘れられません。笑ったり泣いたり、まさに、この舞台のテーマという感じ。
 
それから、ここも大好き。
「四天王寺に引導の鐘 極楽浄土になりひびく……」
絶景かな絶景かな……で始まる、このシーン、今度、四天王寺にお参りに行ったら、絶対に思い出すだろうな。五重塔見ながら。
 
あとは、あれです。
在天の口上。
あれはねー、ずるい。かっこよすぎて。
小説ではああいうの、できないからなあ。
ドラマでも、できない。
舞台だからこそ、ですね。
 
すごいなあ、お芝居って。
 
……なんてしみじみ思い出していたら、小腹がすいてきたので、今から夜食を食べます。ふふふ、これです!
4801
道頓堀のみなさんの、東京公演での活躍も楽しみ!
 
 

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.207sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya