カテゴリー
アーカイブ
 

舞台のネタバレにならない範囲で、何か関連のことを書きたいなと思ったんですが、どうにも難しい。
なので、在天小ネタをつぶやきます。
まったく白紙で舞台を見たい、という方は、避けていただければと。
舞台というか、舞台を見ていて思った、キャラの話です。
 
舞台の若狭が、刀を使い分けてるなと気づきまして。
最初に持ってた刀と、最後に持ってた刀が違う(もし同じだったらすみません。でも、「わ、違う」と気づいて、なんだかわくわくした。ちなみに、「刀を持っていない」シーンも多いので、そのあたりの使い分けが細かくて好きです。……ここまで自信たっぷりに書いてて、もし同じだったらどうしよう……)。
 
で、ここから、舞台に直接関係ない、キャラ小ネタなんですが。
 
刀というと、去年、一年間、いろんな名刀を持たせてもらって勉強したんですが、とにかく、やっぱり、重いんです。すごく、重い。あれこれ手に取るうちに、「これ、女性が振り回すのって、どうしても限度があるだろ」と思うようになってしまいまして。「女性剣士が大勢相手に華麗に立ち回りって、実際、無理なのかなあ」なんて寂しく思ってもいたのですが。
あるとき、二代目和泉守兼定、通称ノサダの刀を手に持つ機会を得まして。それがもう、びっくりするほど軽かったのです。刃長はさほど短くないのに、重ねが薄くて、ホントに軽い。「これなら、女性も持てる!左近が持ってたのはこういうのだ!」とすごくうれしくなって、そのとき、左近の刀は「ノサダ」に決まりました。
 
じゃ、若狭は何かっていったら、大坂新刀の、がっつり重いやつとか似合うんじゃないかと。重量級、って感じのをさりげなく使いこなしててほしい。……や、ノサダと同じときに、助広の刀も持ったんですが、こっちがもう、ホントに重くて。これを華麗に扱える腕ってすごいなと。
 
舞台には出てないですが、弓月は、出自的に、来派とかいいなあ。
 
……なんてことを、舞台の殺陣みながら思ってました。
在天別流は、千年の歴史の間に、名刀あれこれ武器庫にとりそろえてますから、兄上が使いやすいのを妹に選んでくれてまして、たぶん、すごい名刀とか普段から持ってそうです、左近さんは。
 
明日、大阪千秋楽。
楽しみです!
 
 

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.201sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya