カテゴリー
アーカイブ
 

新刊、届きました!
「近松よろず始末処」ポプラ社刊
394
元禄期の大坂。
道頓堀の竹本座前で花を売る若者・虎彦の裏稼業は、人気浄瑠璃作者・近松門左衛門の営む「近松よろず始末処」の探索方。謎の美丈夫・少将、からくり細工師見習いの少女・あさひ、賢い忠犬・鬼王丸らとともに、事件解決に奔走の日々を送っている。仇討ちがらみの人捜しに、お犬様騒動、井原西鶴の幽霊騒ぎ、そして、あの有名な心中事件も。ただ、本業をよそに「始末処」に精を出す近松には、ある思惑があり……。
……という物語。
 
これまで、江戸時代のなかでもいろんな時代を書いてきましたが、元禄時代は初めて。人形浄瑠璃や近松門左衛門が好きな方にも、いやあまり知らないよ、という方にも、楽しんでいただける物語になったと自負しています!
どうぞ、お手にとってくださいませ!
 
表紙イラストは、なんと、あの「さよなら絶望先生」等の作者、漫画家の久米田康治先生が描いてくださいました! ありがとうございます!
主人公の虎彦を中心に、近松、少将、あさひの主要キャラをかっこよく描いていただいたほか、帯をめくった下には、忠犬・鬼王丸もいるんです!これがまたかわいい!
装丁もとても素敵で……自分の著書ですが、表紙かっこいい!とほれぼれしてます。
 
書店用のPOPも作っていただきました!
390
見本版を読んでくださった方々に、コメントをいただいています!
ありがとうございます!
 
発売日は、今月5日。
明後日には、店頭に並びます。
ポプラ社刊行、定価1600円(税別)です。
どうぞ、よろしくお願いいたします!!
 
 

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.389sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya