カテゴリー
アーカイブ
 

4月の新刊の告知が、もう出ているようです。
……というか、知らなかったんですが、だいぶ前から、各種サイトでタイトルは出ていたそうで、書影が出たのが最近、ということらしいです。
すみません、情報って、どこまで書いていいのもかわからず、後手後手にまわっております。
書影、こんな感じです。
めちゃめちゃかっこいいです!
232442
すみませんが、上半分だけです。某書店サイトには全容が出ておりますが、なんでここでは下半分がないかというと、私の手元にあるのは完成品ではなくて見本版で、下半分には帯がついていて(はずせなくて)、帯はまだ、書店サイトでも目にしていないので、出してしまっていいものかどうかわからないのです、すみません。
 
このイラストだけで、ぴんとこられる方、多いと思いますが、すごい方に、表紙イラストを手がけていただきました。これも、もうお名前出していいものかどうか、未確認なのですみません。でも、わかる方にはわかりますよね、このカッコいい絵は!
 
タイトルは、「近松よろず始末処」。近松は、もちろん、近松門左衛門です。
大坂の町をいろいろと書いてきましたが、今度は元禄文化の時代。人形浄瑠璃、華やかなりしころ!……かと思いきや、ちょっと違ったりもしますが。
近松と仲間たちが、大坂の町をかけまわるお話です。
発売は4月5日の予定。発行はポプラ社さんです。
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
 
それから!
こちらもようやく、刊行予定日が出ました!
「緒方洪庵・浪華の事件帳」シリーズの、「禁書売り」「北前船始末」。
お待たせいたしました!
4月15日ごろ、新装版が二冊同時に、双葉文庫さんから発売になります!
舞台を楽しみにしてくださっている方、ぜひ、予習代わりに、お手にとって見てください。
まだ書影は出ていませんが、前の版とは、またがらりと変わった、素敵な表紙です。前の表紙も大好きなのですが、今度のも美しいです!
もちろん、舞台化情報の帯もついています。俳優さんのお写真も!
 

どうぞ、よろしくお願いいたします!
 

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.326sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya