カテゴリー
アーカイブ
 

ran3
 
2月27日、「蘭〜緒方洪庵 浪華の事件帳」の制作発表が行われました。
私も原作者として、登壇させていただきました。
演出の錦織一清さん、主演の藤山扇治郎さん、北翔海莉さん他、主要キャストさん勢揃いでの発表で、取材の方も本当におおぜい来てくださっていて、あらためて、大きな企画に拙著を選んでいただいたのだなと、身の引き締まる思いでおります。
 
各種、芸能ニュースなどに、すでに取り上げていただいています。
私のコメントまで載せていただいているのは、
 
ステージナタリーさん
https://natalie.mu/stage/news/271514
 
SPICEさん
https://spice.eplus.jp/articles/175573
 
自力で探せた範囲なので、他にありましたら、ご紹介できなくてすみません。
 
写真もたくさん掲載されていますので、ぜひご覧いただければと思います。
この記事の冒頭にあげた写真は、編集者さんがスマホで撮ってくださったものなので、限界がございまして。すみません。みなさまのコメントや、会場での様子なども、詳細に書かれているので、ぜひ、ご覧くださいませ!
 
……で、ここから、個人的裏話なんですけど。
実は、私と担当編集者さんふくめた出版社サイド、ここまで大規模な発表だと把握しておりませんで。いや、もちろん、松竹さんの舞台ですから、きちんとされるんだろうとは思っていたんですが、それでも、こんなに大勢お見えだとは思っていなかったのです。キャストさんも、取材の方々も。
 
製作発表の会場はホテルのホールでして、その前に、登壇者および関係者は控え室に集まるわけです。
私は、わりと早めに着いたんですが、すでに入っておられた方を見て「うわっっ」と思いましたし、そこからさらに、ぞくぞくとキャストさんたちが入室してこられるものですから、「え、これ、何人来られるんですかね??」って、編集者さんとひそひそ。最終的に、「決定稿チラシに載っている方全員ご登壇です」と松竹の方から説明がありまして、「そ、そんなの初めから言っといてくださいよ…!」と思いました。口にはしてませんが(笑)。
 
言われていた場合と、そうでない場合と、私のすることも準備も何も変わらないし、初めから、大事な場、大事なお仕事として臨んではいたんですが、でも、なんとなくこう、お仕事が、想定していた規模の数倍だった場合、やっぱりちょっと、おろおろはいたします。
 
でも、うれしかったです。すごいな、こんなに大きな舞台になるんだな、と。これだけ豪華な舞台の原作に拙作を選んでいただいたというのは、本当に、光栄です。
 
会場を後にしたあと、出版社の方々とお食事していたんですが、そこで、「洪庵シリーズ」の成り立ちが話題にのぼりまして。「(単行本版を初めに出版してくださった)鳥影社さんの依頼で書いた本ですか?」と訊かれましたが、そうではなくて、これは2冊とも、持ち込みという形で書いた本です。その頃の私はまだ、依頼をもらえるほどの作家ではありませんで。正確に言いますと、第一作「浪華の翔風」を書き、某社から依頼をいただきはしましたが、そこがつぶれてしまい、書き上げた長編400枚は宙に浮き。だったら、もう一度、鳥影社さんから〈在天〉の話を出していただけたらいいなと思って、新たにこつこつ一話ずつ、書いたぶんからお送りして、OK出たら次を書いて……という形で、2冊分、出していただいたのです。本にしていただけただけでもうれしかったのに、それが、ドラマになって、舞台になって……。会場でも「舞台化の話に、とても驚きました」と申し上げましたが、そういう事情もあってのことなのです。ほんとに、驚くことばかり起きる作品です。
 
舞台の話に戻りますと。
錦織さんが、会見のコメントで少しおっしゃっていたのですが、この物語は一度、テレビドラマになっています。でも、ドラマと舞台はまったく違う。錦織さんは、ドラマ版は見ていないとおっしゃいましたし、プロデューサーさんも、前にそう言われていました。私は、どうしても、ドラマ版ではこうだった、舞台ではどうなるのかな……という視点を持ってしまいますが、舞台を作る方々はそうではないのだなと、会場で、隣席の錦織さんのコメントを聞きながら、再認識いたしました。今さら、と言われそうですが。
 
脚本も最終段階に向かっていまして、私は、見せてもらってはいますが、基本的には「舞台のことは舞台の方にお任せで」というスタンスでいます。素人ですから。控え室で、松竹の方とキャストさんがお話されているのを聞きながら、それも改めて思いました。「ああ、演劇人の会話だな、見ている世界が違うな」と。
 
楽しみです。
上演にそなえ、いろいろ予習(というのも変な言い方ですが…)もすすめています。
先月は、大阪で二回、舞台に行きました。
緒方章役の藤山扇治郎さん、同心手先役の渋谷天笑さん、お二方がご出演の「エルスール 我が心のふるさと博多、そして西鉄ライオンズ」。
若狭役の荒木宏文さんがご出演の、「駆けはやぶさ ひと大和」。
どちらも、すばらしかった。圧倒されて、見たあと数日、場面がふっと脳裏をよぎるような。また、改めて感想を書きたいです。
あと、北翔海莉さんの公演DVDもいろいろ見てます。
いつもテレビで拝見している方も多いですが、舞台作品も、5月までにできるだけ拝見したいと思っています。錦織さんの演出作品も。そのほうが、より楽しめるような気がするんです、「蘭」の舞台。せっかくの機会ですから、楽しめる上限まで楽しみたい!そう、思っています。
 
 

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.198sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya