カテゴリー
アーカイブ
 

あっという間に、二月も後半ですね。
あの寒波で、懐かしい福井の町が大変なことになっているのをニュースなどで見て、心が痛みました。雪の大変さを、福井に住むまでは本当に知らなくて、初めて1メートル近い雪を経験したときのショックは、何年たっても忘れられません。福井の町が、一日も早く、普段通りの暮らしを取り戻せますように、お祈りしております。
 
さて、私はといえば、なんだか、ばたばたと暮らしています。年明けから、出かけることが増えたのと寒さとで、体調を崩し気味だったのですが、このところ、少し落ち着いてきました。
 
「洪庵」シリーズ新装版ゲラのチェックをしていたら、ドラマの時に出した文庫版に、それなりに誤字が見つかって、落ち込みました。なんで気づかなかったのか……。新装版が出せて、本当によかったです。
店頭にならぶのは、もう少し先になりますので、舞台情報から興味を持ってくださった方は、あとちょっとお待ちいただければと!
 
たぶん、この新装版と、新作の単行本が、同じころに書店に出ると思います。
 
……私がいま、二つの作品を続けて読むと、「あー、17年の間に文体も変わったな」と思うのですが、書いた本人でなければ、似たようなものなのかなとも。いや、やっぱり、さすがに違うか。
 
そして、洪庵シリーズを読み返すと、どうしても、自分の大学院生時代を思い出します。長々と大学院に在籍しながら小説を書き、院生の友達も多く、夫も同じように長々と大学院にいたひとで、私のまわりでは、青春時代は学問と切り離せないもので。だから、学問をする若者の話が書きたくて仕方なかった。そうやって洪庵シリーズは生まれたのだなと、改めて思います。
 
一方で、新作のほうはといえば、超能力者が出てくる「未来記の番人」や、現代女子中学生一人称の「緒崎さん」シリーズの存在があってこそ書けたものだろうなと思います(「緒崎さん」よりは先に書いていますが、最終形態になるまでの間に順番いれかわってますので、影響はあっただろうなと)。同じように江戸時代の大坂が舞台で、たぶん、根底にあるものは同じなんですが。
 
今は、次に書く小説の調べ物をしています。楽しい。新しい論文探してるときのわくわく感は、格別です。
 
舞台の企画も、着々と進んでいます。今、出回っているチラシは、役者さんのプロフィール画像のものですが、じきに、舞台装束写真つきのが出ます。カッコいいです! 実は、一部、先に見せてもらってたんですけども、「コレ絶対、誰にも見せないんで持って帰らせてください」とお願いしたんですが拒否されまして(当たり前か。すみません)、チラシが出るのを楽しみにしておりました。そのチラシくらいから、あらすじも掲載されるかと思います。大阪公演、東京公演ともに、役者さんのアフタートーク付きの回もあるようです。なんか、すごい!
 
 

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.190sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya