カテゴリー
アーカイブ
 

改めまして、新刊の紹介です。
「緒崎さん家の妖怪事件簿」、小学館ジュニア文庫より発売です。
週末の25日くらいにはおそらく、店頭に並ぶと思われます。
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
「妖怪が住んでいたという竹取屋敷の取り壊し日に立ち会うことになった緒崎若菜。でも、そこに現れたのは、イケメンの酒呑童子と、もふもふ妖怪の鵺(ぬえ)!? なんと、伝説の大妖怪がよみがえっちゃった! さらには、あの浦島太郎やヤマタノオロチまで現れて、若菜は竹取屋敷で一緒に住むことに! 妖怪と言っても見た目はイケメンな男の子だから、キンチョー&ドキドキなうえ、町ではアイドルがおじいちゃんになったり、大雨が続いたりで!? 緒崎さん家は、今日も妖怪が起こす事件で大変です!」……裏表紙の内容紹介より。
 
イケメン妖怪二人と中学生の少女のドキドキ同居生活に、昔話の登場人物がてんこもりでくわわってくる、にぎやかワクワクな物語です。
 
キツネ耳つき男子の鵺くんは、四つ足のもふもふケモノバージョンに変化して、若菜を乗せて空を飛び回ります。……実は「もふもふの妖怪に乗って空を飛ぶ!」というのが書き始めたときの、いちばんのテーマ。子供の頃に何に憧れたかなあ、と思い出してみれば、かっこいいケモノに乗って地を駆け空を飛ぶ、というのが夢だったなあ、と。ナルニア物語のアスランとか、バビル二世のロデムとか。若菜と鵺が空を飛ぶシーンは、イラストもつけていただいて、それがまた可愛いのです。
 
対象年齢は、小学校高学年前後くらい。
でも、大人の方にも読んでいただけたら嬉しいです。妖怪伝説やおとぎ話のアレンジ具合なんかを、楽しんでいただけたらと。
よろしくお願いいたします!!

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.239sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2017 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya