カテゴリー
アーカイブ
 

(「浪花の華」蔵出しレポです。
この記事についての詳細は、6月1日付の「浪花の華」再放送、という記事を御覧ください。
08年11月11日、京都太秦の東映撮影所によって行われました、「浪花の華キャスト&スタッフ顔合わせ」会のレポです)
 
・台本読み。ト書きやシーン説明をディレクターさんが読み、科白を各人が入れていく。初めのシーンは天游先生から。ドキドキ。一言発した瞬間から、「おおお」という感じ。天游先生がそこにいました。すごいよ、ホンマ。章くんの声が小さくて細くて、なんだか頼りないな大丈夫かな、って感じだったのだけど、感情的な長セリフになると大声で、しかも台本を見ずに一気にまくしたて、「おー、さすが」と感心。
 
・栗山さん、初めの科白が可愛らしい女の子という感じで、「ちょっと脳内イメージと違うかな?」と心配するも、男装で登場のシーンになるとキリっとしてて安心。でも、やっぱ、基本は「可愛い」感じかなー。ディレクターさんの指示を一つ一つ「はい」と素直に台本に書き込んでいる姿が可愛い。最初にちょっとしたアクションシーンがあるんだけど、そのシーン(科白はない)のト書きをディレクターさんが読んでいるとき、ちらっとアクションの真似をしてみせてた、その笑顔がものすごーく可愛かった。
 
・若狭くんは1話はほぼ一言だけなんだけど、めっちゃ渋い声。え、こんな声のひとだったっけ、と思ったくらい。赤穂屋さんの芦屋小雁さんは、さすが味わいのある読み方。
 
・かなり何度も「今のシーンもう一度」とやり直す。ディレクターさんが細かな指示を出し、科白もところどころ変更。イントネーションのチェックもその場その場で。ときどき、漢字の読みが間違ってるひとが(誰かはあえて書かない笑。でも複数の方)。時代劇ってやっぱ特殊な世界なんだなあ、としみじみしてしまった。
 
・30分で終わる予定の1話が、大幅に時間オーバー。45分くらいに。そこから休憩なしで2話へ。
 
・2話。原作では後半1話の神道者の話。おあき役の女の子がとっても可愛いもので、悲しい結末を迎えるのが可哀相でしかたなくて、よー私こんなひどい話書いたなと思ったほど。太陽くん熱演。大坂言葉も良い感じ。初めて弓月さんが喋りまして……でも短い科白なんで、なんとなく、良い声だなー、ってだけで終わっちゃって残念。
 
・同心役の科白が多く、いろんなバージョンを試してみたいから、とのことで、何度か同じシーンをやりなおし。左近ちゃんは、「男装のとき」「女装のとき」以外に、「男装なんだけど女の子らしいとき」のしゃべり方も分けてほしいと言われてて、なんだか難しそうだなと。でも、凛々しい左近ちゃんを演じてくれそうで、期待がふくらんでくる。
 
・ディレクターKさんが、栗山さんに指示を出すときにずっと「左近ちゃんはね」「ここで左近ちゃんが……」と、「左近ちゃん」呼びなのが面白い。私も「左近」には必ず「ちゃん」がつくんだけど、Kさんもそーなのねえ、と思うとおもしろい。ちなみに「章」は「章」と呼び捨てのKさん。若狭も弓月王も呼び捨て。左近だけ「左近ちゃん」。
 
・1話のこと。ラストシーン近くの殺陣。御文庫の裏での。左近の刀での殺陣→短銃、のシーンのあと、若狭が登場して悪人を素手でやっつける。原作(と脚本)では、そのあと、逃げた悪人を若狭がさっさと捕まえて終わり、なんだけど。Kさんの指示で、「一話の時点で〈在天別流〉の武器を総動員したい。殺陣も長く」と変更。原作では左近が投げるのは小柄なんだけども、ドラマでは中華手裏剣(どんなん?)だそうで、その手裏剣が登場。さらに用心棒と若狭の殺陣と続く感じ。破落戸の数も原作より増えてる感じなんだけど……まあ〈別流〉のアクションが派手になるぶんには文句はないんでいいです。その増えた部分がみんな若狭のシーンでも文句はないです、池内さんの、〈別流〉衣装での二刀流の殺陣がめっちゃ楽しみ。
 
・左近ちゃんの「笛」吹くシーンが、龍笛と思ってたら篳篥だそうで。そりゃ東儀家つったら篳篥だけどさー。絵にならんのと違うかしらと心配。篳篥って吹くときほっぺがふくらむでしょ。龍笛じゃダメなんかなああ。……つーか、弓月さんも篳篥なのかなー(T_T)
 
・セリフ、窪田くんだけは長台詞も全部すでに覚えてきてて(栗山さんも、章との会話シーンなど、台本見ずに、互いに顔見て掛け合いしてた)、熱演だったんだけども、それでも、何度もやり直しでいろんなバージョンで読み直しを。
 
(4へ続く)

Comments are closed.


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.146sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya