カテゴリー
アーカイブ
 

(「浪花の華」蔵出しレポです。
この記事についての詳細は、6月1日付の「浪花の華」再放送、という記事を御覧ください。
08年11月11日、京都太秦の東映撮影所によって行われました、「浪花の華キャスト&スタッフ顔合わせ」会のレポです)
 
・台本読み終了後、「どうでしたか?」とプロデューサーさんが。「すごくよかったです」と言うと、「舞台のひとは本読みの段階から入り込んでるけどテレビのひとはあんまりそこまでしない。でもこれからですから」と。「考えていたのと違うイメージのひともいるけど、それはそれで楽しみです」と言っておいた。なにもかもが原作者のイメージ通りというわけではないけれど、その違いも「へええ、こういうのもアリか」と楽しめるくらいには「納得のいく」ものではある(若狭がやけにかっこよかったり、とかね・笑)。今のところ、だけど。
 
・そういえば、脚本家の方はこのために二ヶ月半大坂にカンヅメだったそう。自転車で町を走り回ってイメージをつかんだりして書かれたんだそう。「だからこの作品には絶対成功してほしい。すると思います」と挨拶のときに仰ってて、そっか、私にとっては「ドラマに選ばれた」だけでもう「成功した作品」だけど、他のひとたちにはここから「成功か、そうでないか」決まるんだな、と改めて気づく。私の仕事だけがもう終わってるわけだ。不思議なことに。私の生んだ世界なのに。だからこそ、というべきか。
 
・台本読み終了後、キャストは別々に衣装合わせに呼ばれたり、かつら合わせに呼ばれたり、忙しそう。栗山さんと窪田くんが楽しそうに何か話していたのが可愛かった。そのふたりが章と左近だってのは、なんかこう、不思議な感じ。
 
・台本読みをやってた会議室が、とにかく寒い。11月だっていうのに、なぜ窓を開けたまま、ドアもあけたまま、空調もなしの部屋で1時間半に渡って読み合わせをするのか。俳優さんて体感温度が一般人と違うのか? 寒くて冷え切って、ホンマ大変だった……;。栗山さんの真後ろの窓が全開でふきっさらしだったんだけど、寒くなかったのかなあ。
 
・帰り、プロデューサーさんに、築山さん駅までタクシー呼びましょうかと言われ、近くにいた宮内さんもどうですかと言われ。そこで初めて、今回のキャストのひとと喋った。それが弓月だってとこが、私の弓月愛が通じたというかなんというか(笑)。でも、まあ、私は、歩いて五分のとこ、わざわざタクシー乗る必要もないしって断って、宮内さんも別の方向だからって断って、それだけ。
 
・5月の初打ち合わせの段階から、この「顔合わせ」が原作者としてまず大きな仕事、と言われていたので、とりあえず、それが終わって一区切り。あとは……何があるのやら。
 
・とにもかくにも「ここから始まる」のです。
 
 
……以上で、「顔合わせ会」レポはおしまいです。
この「顔合わせ会」で、私は、二十年分くらいの「緊張」を使い果たしまして。
その後、ドラマの関係で、あちこちで講演をしたり、萬田久子さんとトークイベントまでしたり、そりゃもういろんなことがあったんですが、まったく緊張しませんでした。
もともと緊張しやすい質だったはずなんですが、この日、本気で、私の「緊張」エネルギーは枯れ果てたんだと思います。ひとりぼっちでアウェー感ばりばりの上に(キャストさんにもスタッフさんにも有名人がごろごろしてるなか、私だけがドラマってものに縁のない人間で)、立場だけ微妙に上のほうって、ホント大変で。NHKの方はホントにあれこれ気を遣ってくださったんですが、それでも、基本、いるだけで場違いなもので(笑)。しかも、章とか左近とか〈在天別流〉とか、自分の物語世界の言葉が、当たり前のモノのように空間を飛び交うのがむずむずするっつーか、なんかもう、どないしてええかわからんかった。
とにもかくにも、この「顔合わせ」、後々まで自分にとって影響の大きかったイベントでした。
130616_114701
一、二話の台本。
表紙に、主演お二方のサインを記念にいただいてます。タイトルが、放送時とは違うのが、今みると面白い。

(「浪花の華」蔵出しレポです。
この記事についての詳細は、6月1日付の「浪花の華」再放送、という記事を御覧ください。
08年11月11日、京都太秦の東映撮影所によって行われました、「浪花の華キャスト&スタッフ顔合わせ」会のレポです)
 
・台本読み。ト書きやシーン説明をディレクターさんが読み、科白を各人が入れていく。初めのシーンは天游先生から。ドキドキ。一言発した瞬間から、「おおお」という感じ。天游先生がそこにいました。すごいよ、ホンマ。章くんの声が小さくて細くて、なんだか頼りないな大丈夫かな、って感じだったのだけど、感情的な長セリフになると大声で、しかも台本を見ずに一気にまくしたて、「おー、さすが」と感心。
 
・栗山さん、初めの科白が可愛らしい女の子という感じで、「ちょっと脳内イメージと違うかな?」と心配するも、男装で登場のシーンになるとキリっとしてて安心。でも、やっぱ、基本は「可愛い」感じかなー。ディレクターさんの指示を一つ一つ「はい」と素直に台本に書き込んでいる姿が可愛い。最初にちょっとしたアクションシーンがあるんだけど、そのシーン(科白はない)のト書きをディレクターさんが読んでいるとき、ちらっとアクションの真似をしてみせてた、その笑顔がものすごーく可愛かった。
 
・若狭くんは1話はほぼ一言だけなんだけど、めっちゃ渋い声。え、こんな声のひとだったっけ、と思ったくらい。赤穂屋さんの芦屋小雁さんは、さすが味わいのある読み方。
 
・かなり何度も「今のシーンもう一度」とやり直す。ディレクターさんが細かな指示を出し、科白もところどころ変更。イントネーションのチェックもその場その場で。ときどき、漢字の読みが間違ってるひとが(誰かはあえて書かない笑。でも複数の方)。時代劇ってやっぱ特殊な世界なんだなあ、としみじみしてしまった。
 
・30分で終わる予定の1話が、大幅に時間オーバー。45分くらいに。そこから休憩なしで2話へ。
 
・2話。原作では後半1話の神道者の話。おあき役の女の子がとっても可愛いもので、悲しい結末を迎えるのが可哀相でしかたなくて、よー私こんなひどい話書いたなと思ったほど。太陽くん熱演。大坂言葉も良い感じ。初めて弓月さんが喋りまして……でも短い科白なんで、なんとなく、良い声だなー、ってだけで終わっちゃって残念。
 
・同心役の科白が多く、いろんなバージョンを試してみたいから、とのことで、何度か同じシーンをやりなおし。左近ちゃんは、「男装のとき」「女装のとき」以外に、「男装なんだけど女の子らしいとき」のしゃべり方も分けてほしいと言われてて、なんだか難しそうだなと。でも、凛々しい左近ちゃんを演じてくれそうで、期待がふくらんでくる。
 
・ディレクターKさんが、栗山さんに指示を出すときにずっと「左近ちゃんはね」「ここで左近ちゃんが……」と、「左近ちゃん」呼びなのが面白い。私も「左近」には必ず「ちゃん」がつくんだけど、Kさんもそーなのねえ、と思うとおもしろい。ちなみに「章」は「章」と呼び捨てのKさん。若狭も弓月王も呼び捨て。左近だけ「左近ちゃん」。
 
・1話のこと。ラストシーン近くの殺陣。御文庫の裏での。左近の刀での殺陣→短銃、のシーンのあと、若狭が登場して悪人を素手でやっつける。原作(と脚本)では、そのあと、逃げた悪人を若狭がさっさと捕まえて終わり、なんだけど。Kさんの指示で、「一話の時点で〈在天別流〉の武器を総動員したい。殺陣も長く」と変更。原作では左近が投げるのは小柄なんだけども、ドラマでは中華手裏剣(どんなん?)だそうで、その手裏剣が登場。さらに用心棒と若狭の殺陣と続く感じ。破落戸の数も原作より増えてる感じなんだけど……まあ〈別流〉のアクションが派手になるぶんには文句はないんでいいです。その増えた部分がみんな若狭のシーンでも文句はないです、池内さんの、〈別流〉衣装での二刀流の殺陣がめっちゃ楽しみ。
 
・左近ちゃんの「笛」吹くシーンが、龍笛と思ってたら篳篥だそうで。そりゃ東儀家つったら篳篥だけどさー。絵にならんのと違うかしらと心配。篳篥って吹くときほっぺがふくらむでしょ。龍笛じゃダメなんかなああ。……つーか、弓月さんも篳篥なのかなー(T_T)
 
・セリフ、窪田くんだけは長台詞も全部すでに覚えてきてて(栗山さんも、章との会話シーンなど、台本見ずに、互いに顔見て掛け合いしてた)、熱演だったんだけども、それでも、何度もやり直しでいろんなバージョンで読み直しを。
 
(4へ続く)

(「浪花の華」蔵出しレポです。
この記事についての詳細は、6月1日付の「浪花の華」再放送、という記事を御覧ください。
08年11月11日、京都太秦の東映撮影所にて行われました、「浪花の華キャスト&スタッフ顔合わせ」会のレポです)
 
・続いて美術指導の方の紹介と挨拶。さらに、考証、指導関係に移って、まず殺陣指導。こないだ朝日新聞に紹介されてた70代の大御所殺陣師の方。「時代劇は初めてということだが寒い時期の撮影なのでくれぐれも怪我のないように。現場に入る前はきっちり準備体操をすること。絶対忘れるな」と厳しく言い渡し、場が一気にぴりぴりしかけたところで、「準備体操のしかたは私が教えます。一回千円」と笑いをとる呼吸がさすが。続いて所作指導の女性「私も四天王寺楽所に関わっているので今回のドラマは嬉しい」。大坂言葉指導、医事指導、と続く。時代考証お二方と雅楽指導の方はお休み。
 
・プロデューサー、ディレクターの挨拶。スタッフの挨拶。各部署のチーフが、チームの全員を読み上げ、呼ばれたひとが立って「よろしくお願いします」と一言ずつ。それでも、ともかく人数が多いので時間がかかる。スタッフの挨拶がすべて終わると13時半過ぎ。そこでいったん解散。
 
・実は、どんな格好していったらいいのか判らなくて、一応、「顔合わせ」という儀式的なものなんだからとスーツ買って着ていったんだけど、みなさん、フリースにジーパン、とかだった。現場ってそういうものなんだなあ。まあ、当たり前か。
 
・会場はなんといっても映画村待合室なんで、ときどきガラスの向こうから観光客が中を見て、指さして、「あ、あれ」なんて喋ってる様子なのが見える。でも、案外、だれも気づかないし注意も向けない。ホンマ、観光客いーっぱいいるんだけど、もったいないなあ。着物着た映画村スタッフにむらがるより、振り向いたらそこに栗山千明や蟹江敬三がいるんだよー、と教えてあげたい……。
 
・ミーティング後、スタッフは解散。キャスト陣は再び撮影所に移動。ぞろぞろと映画村をつっきって撮影所に戻ると、さきほど西田敏行がいたスタジオの扉がしまっていて、赤ランプ点滅中で、スタッフが二人ほど扉前でランプを指さして手をぐるぐる回している。撮影中につき私語厳禁の合図らしく、みな、しーんとして移動。
 
・15分後から会議室で台本読み開始、と言われ、手持ちぶさたで外でぶらぶら。撮影所内の様子を写メとりたいんだけど、なんか勇気が出なくてとれず。一人だけそんな素人っぽいことできないよねえ、と思ってたら、太陽くんブログに内部の写真があれこれUPしてあった。さすが人気ブログの主。すばやい。でも、いつのまに撮ったんだろ。
 
・蟹江さんのマネージャーさんが声をかけてくれ「とてもおもしろくて良い作品に出して頂けて光栄に思っています」と持ち上げてくださるので、「こちらこそ、すごい方に出ていただけるのが光栄です」と慌ててご挨拶。
 
・外は寒いので階段あがって会議室に入りたいと思うんだけど、自分のいる場所から階段に行く、ちょうど通り道に自販機があって、池内さんがその前に立って缶コーヒー飲んでて、びびって近づけません(T_T)迫力あるんだもん……。
 
・2時ジャストから会議室で台本読み開始。狭い狭い会議室で、中に入れないスタッフやタレントのマネージャーさんが廊下にあふれているなか、ディレクターさんの隣に用意された原作者の席に着く。
 
(3へ続く)

(「浪花の華」蔵出しレポです。
この記事についての詳細は、6月1日付の「浪花の華」再放送、という記事を御覧ください。
08年11月11日、京都太秦の東映撮影所によって行われました、「浪花の華キャスト&スタッフ顔合わせ」会のレポです)
 
〈「浪花の華」顔合わせ会レポ〉
・11日、12時45分、東映太秦撮影所集合。
 
・太秦駅から徒歩5分。12時40分ごろに撮影所門に到着するも、一人でどうしていいか判らず。NHKの関係ですというと受付は通してもらえるが、目の前の広場に数十人うじゃうじゃ集まっているひとがみんな関係者だと言われ、誰に何を言っていいのか、どこに行けばいいのか、見当つかず。しばらく一人でウロウロしているうち、メインディレクターKさんを人混みのなかに発見。ほっとして近づくと、向こうにも気づいてもらえて、挨拶。その時点で、同じ人混みのなかに杉浦太陽発見。さらに栗山千明発見。遠目でも綺麗。太陽くんがびっくりするくらい綺麗。栗山さんは予想通り綺麗。顔がちっちゃい……。
 
・全員で「会場」へ移動。ぞろぞろと歩き出す。いくつもあるスタジオの合間をぬっていく途中、スタジオの前のストーブで暖を採っている、別の映画撮影中の西田敏行発見。びっくり! 「おはよーございます」などと東映関係者は挨拶。私は(もちろん)黙ってドキドキしながら通り過ぎる。(※追記・「火天の城」撮影中じゃないかと思われる)
 
・途中のスタジオに「思々斎塾のセットを作りかけているので」と案内してもらう。一軒の家のカタチで建設途中の塾。ほぼ適塾と同じ。私も書いているときには適塾をイメージしていたし、向こうも「やっぱり適塾ですね」と。天游先生の部屋には適塾と同じ丸窓が。
 
・一行、いつのまにか撮影所を抜け、映画村のスペースへ。観光客がうじゃうじゃいるなか、普通に歩いていく杉浦太陽や栗山千明……案外気づかない観光客。もったいないぞー。そのまま、一行、映画村の観光客無料休憩所へ。入り口に「本日貸し切り 浪花の華ミーティング」とパソコンで打ち出した紙がぺらりとはりつけてあるだけ。正直、びっくり。もっとちゃんとしたところでやるのかと思っていたら、パイプ椅子の並んだ休憩所か!
 
・メインキャスト&スタッフの席は「ロ」の字型にならんだテーブルにあり、私は当然のようにそのいちばん上座の中心(汗)。私と脚本家さんをはさんで両サイドにNHKディレクター。右側に主演から順番にキャスト。左側には美術監修さん(「日本映画界の重鎮」の、とてもすごい方。思々斎塾もその方が作ったもの)。入り口近くまでぎっちりテーブルが並び、ぎゅうぎゅう詰めでスタッフが座る。総勢百人くらいはいたのでは。
 
・太陽くん、栗山さんに続き、主演窪田くん、池内さん、蟹江さんなど続々登場。萬田さんは欠席。残念。窪田くんは眼鏡姿。みなさんラフな私服。
 
・全員集合までの待ち時間に、ディレクターKさんに、衣装合わせ時の写真を見せてもらう。章くんは「頼りない書生」そのもの。「貧乏なりに2着は小袖があります」と。左近ちゃんの男装はさすがカッコイイ。男装の際の龍笛柄の小袖を特注中だとか。町娘姿はとても華やか。天游先生は渋く、お定先生はすっとして綺麗。で、次に出てきた若狭くんが、やけにカッコイイ。饅頭屋姿、普通の袴姿のほかに〈別流〉バージョンの衣装があって、しかも殺陣は二刀流だそう。その二刀を構えた姿があまりに格好良かったんで、「若狭がこんなかっこよくなると思ってなかったです」と言ったところ、Kさんから「原作でカッコイイと思って、それでドラマでは思いっきりふくらませたんです」と。なんか、衣装も若狭だけバージョン多いよ(笑)。赤穂屋さんはいかにもうどん屋の大将、という感じ。写真があるのはそこまで。
 
・ほぼ全員揃ったということで、「顔合わせ」開始。「始めます」との宣言からそのまま続いて「まず原作者の挨拶を……」とのことで、焦りつつも、クリア。次に挨拶した脚本家さんが達者に喋ってくださったんで、場が和んでよかったです……。
 
・キャスト挨拶。窪田くん「時代劇は初めてなので迷惑もかけるかと思いますが、がんばります」といった感じで、元気よく。栗山さん「私も時代劇は慣れていなくて……でもがんばります」。その二人の挨拶をうけて、次の蟹江さんが「若いひとがのびのび演技できるように、脇から支えます」と。やけにカッコイイ天游先生。お定先生は欠席で、続いて太陽くん「大阪出身ですが大阪のドラマに出るのは初めてで嬉しい」。池内さん「冬の京都の撮影は寒いと言われているけど寒いのは大丈夫なので」。宮内さん「大阪の闇の元締めらしい雰囲気を出せれば」。芦屋さん「このなかで最高齢で、みんなからいたわってもらわないとダメな歳ですから、可愛がってねv」。その後、同心新井役梶原さんと手先清蔵、板木屋おしんちゃん「ドラマは初めてなのでがんばります」。板木屋直蔵さん、思々斎塾塾生永井、杉本。一話、二話のゲストキャラ……と続く。
 
(2へ続く)

「浪花の華」の再放送が決まりました。
ケーブルテレビなどで視聴可能な「時代劇専門チャンネル」で、6月12日、午後8時から(月〜金)。
詳しくは、こちらを御覧ください。
http://www.jidaigeki.com/osusume/201306_naniwa/
 
4月に連絡はいただいていたんですが、昨日、同チャンネルで村上弘明の「刺客請負人」見てたら、番組後にいきなり章が出てきて「うわあ」と声が出てしまいました。不意をつかれるとびっくりしますね。
 
で。
このドラマと新たに出逢ったり、懐かしく思い出したり、してくれる方がいるかもしれないので。
 
記念に、お蔵出し!
 
……という気分で、当時のレポを、ちょっと、ここにUPしてみたいと思います。制作発表直後に行われた、「スタッフ&キャスト顔合わせ」のときのもの。ロケ見学打ち合わせ用身内限定掲示板をかねたパスワード付きブログに書いていたもので、誰かに読んでもらうためというよりは、自分で覚えておきたくて書いていたもの。今はもう、誰にも公開していません。
 
そのままにしておくと、いつかデータも消えてしまうんだろうなと思い(そもそもログインパスワードとかを忘れそう)、データの整理をしているうちに、ちょっと懐かしくなって、こっちに載せてみようかなと思いつきました。
 
改めて読み返してみたら、ドラマの内側をのぞいたらこんなんだったよ的に面白い部分もあるかもしれないし、当時、仕事のブログに出すのは「まずいかな」と思っていた諸々も、もう時効かなとも思うので、思い切って載せます。
 
いろいろと思ったまま書いてますが、もとが自分のメモなので、ご了承ください。……不満を言ってると思われそうな箇所がちょっとありまして、そこがいちばん気になるんですが(寒かったとか、その程度ですが;)、リアルに書き留めたかっただけで、他意はありません。ご了解くださいませ。現場では、本当によくしていただきました。
 
前置き長くなりました。
でも、本文は、もっともっと長いです。ほんっとに長いです。申し訳ない。さすがに、こんな長いレポを、現場に行くたびには書けませんでしたので、初めのうちだけでしたね。分割して少しずつ、UPしていきます。
 
「浪花の華」の、すべてのスタッフさん、キャストさんに感謝を込めて。


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.273sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2017 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya