カテゴリー
アーカイブ
 

ran3
 
2月27日、「蘭〜緒方洪庵 浪華の事件帳」の制作発表が行われました。
私も原作者として、登壇させていただきました。
演出の錦織一清さん、主演の藤山扇治郎さん、北翔海莉さん他、主要キャストさん勢揃いでの発表で、取材の方も本当におおぜい来てくださっていて、あらためて、大きな企画に拙著を選んでいただいたのだなと、身の引き締まる思いでおります。
 
各種、芸能ニュースなどに、すでに取り上げていただいています。
私のコメントまで載せていただいているのは、
 
ステージナタリーさん
https://natalie.mu/stage/news/271514
 
SPICEさん
https://spice.eplus.jp/articles/175573
 
自力で探せた範囲なので、他にありましたら、ご紹介できなくてすみません。
 
写真もたくさん掲載されていますので、ぜひご覧いただければと思います。
この記事の冒頭にあげた写真は、編集者さんがスマホで撮ってくださったものなので、限界がございまして。すみません。みなさまのコメントや、会場での様子なども、詳細に書かれているので、ぜひ、ご覧くださいませ!
 
……で、ここから、個人的裏話なんですけど。
実は、私と担当編集者さんふくめた出版社サイド、ここまで大規模な発表だと把握しておりませんで。いや、もちろん、松竹さんの舞台ですから、きちんとされるんだろうとは思っていたんですが、それでも、こんなに大勢お見えだとは思っていなかったのです。キャストさんも、取材の方々も。
 
製作発表の会場はホテルのホールでして、その前に、登壇者および関係者は控え室に集まるわけです。
私は、わりと早めに着いたんですが、すでに入っておられた方を見て「うわっっ」と思いましたし、そこからさらに、ぞくぞくとキャストさんたちが入室してこられるものですから、「え、これ、何人来られるんですかね??」って、編集者さんとひそひそ。最終的に、「決定稿チラシに載っている方全員ご登壇です」と松竹の方から説明がありまして、「そ、そんなの初めから言っといてくださいよ…!」と思いました。口にはしてませんが(笑)。
 
言われていた場合と、そうでない場合と、私のすることも準備も何も変わらないし、初めから、大事な場、大事なお仕事として臨んではいたんですが、でも、なんとなくこう、お仕事が、想定していた規模の数倍だった場合、やっぱりちょっと、おろおろはいたします。
 
でも、うれしかったです。すごいな、こんなに大きな舞台になるんだな、と。これだけ豪華な舞台の原作に拙作を選んでいただいたというのは、本当に、光栄です。
 
会場を後にしたあと、出版社の方々とお食事していたんですが、そこで、「洪庵シリーズ」の成り立ちが話題にのぼりまして。「(単行本版を初めに出版してくださった)鳥影社さんの依頼で書いた本ですか?」と訊かれましたが、そうではなくて、これは2冊とも、持ち込みという形で書いた本です。その頃の私はまだ、依頼をもらえるほどの作家ではありませんで。正確に言いますと、第一作「浪華の翔風」を書き、某社から依頼をいただきはしましたが、そこがつぶれてしまい、書き上げた長編400枚は宙に浮き。だったら、もう一度、鳥影社さんから〈在天〉の話を出していただけたらいいなと思って、新たにこつこつ一話ずつ、書いたぶんからお送りして、OK出たら次を書いて……という形で、2冊分、出していただいたのです。本にしていただけただけでもうれしかったのに、それが、ドラマになって、舞台になって……。会場でも「舞台化の話に、とても驚きました」と申し上げましたが、そういう事情もあってのことなのです。ほんとに、驚くことばかり起きる作品です。
 
舞台の話に戻りますと。
錦織さんが、会見のコメントで少しおっしゃっていたのですが、この物語は一度、テレビドラマになっています。でも、ドラマと舞台はまったく違う。錦織さんは、ドラマ版は見ていないとおっしゃいましたし、プロデューサーさんも、前にそう言われていました。私は、どうしても、ドラマ版ではこうだった、舞台ではどうなるのかな……という視点を持ってしまいますが、舞台を作る方々はそうではないのだなと、会場で、隣席の錦織さんのコメントを聞きながら、再認識いたしました。今さら、と言われそうですが。
 
脚本も最終段階に向かっていまして、私は、見せてもらってはいますが、基本的には「舞台のことは舞台の方にお任せで」というスタンスでいます。素人ですから。控え室で、松竹の方とキャストさんがお話されているのを聞きながら、それも改めて思いました。「ああ、演劇人の会話だな、見ている世界が違うな」と。
 
楽しみです。
上演にそなえ、いろいろ予習(というのも変な言い方ですが…)もすすめています。
先月は、大阪で二回、舞台に行きました。
緒方章役の藤山扇治郎さん、同心手先役の渋谷天笑さん、お二方がご出演の「エルスール 我が心のふるさと博多、そして西鉄ライオンズ」。
若狭役の荒木宏文さんがご出演の、「駆けはやぶさ ひと大和」。
どちらも、すばらしかった。圧倒されて、見たあと数日、場面がふっと脳裏をよぎるような。また、改めて感想を書きたいです。
あと、北翔海莉さんの公演DVDもいろいろ見てます。
いつもテレビで拝見している方も多いですが、舞台作品も、5月までにできるだけ拝見したいと思っています。錦織さんの演出作品も。そのほうが、より楽しめるような気がするんです、「蘭」の舞台。せっかくの機会ですから、楽しめる上限まで楽しみたい!そう、思っています。
 
 

あっという間に、二月も後半ですね。
あの寒波で、懐かしい福井の町が大変なことになっているのをニュースなどで見て、心が痛みました。雪の大変さを、福井に住むまでは本当に知らなくて、初めて1メートル近い雪を経験したときのショックは、何年たっても忘れられません。福井の町が、一日も早く、普段通りの暮らしを取り戻せますように、お祈りしております。
 
さて、私はといえば、なんだか、ばたばたと暮らしています。年明けから、出かけることが増えたのと寒さとで、体調を崩し気味だったのですが、このところ、少し落ち着いてきました。
 
「洪庵」シリーズ新装版ゲラのチェックをしていたら、ドラマの時に出した文庫版に、それなりに誤字が見つかって、落ち込みました。なんで気づかなかったのか……。新装版が出せて、本当によかったです。
店頭にならぶのは、もう少し先になりますので、舞台情報から興味を持ってくださった方は、あとちょっとお待ちいただければと!
 
たぶん、この新装版と、新作の単行本が、同じころに書店に出ると思います。
 
……私がいま、二つの作品を続けて読むと、「あー、17年の間に文体も変わったな」と思うのですが、書いた本人でなければ、似たようなものなのかなとも。いや、やっぱり、さすがに違うか。
 
そして、洪庵シリーズを読み返すと、どうしても、自分の大学院生時代を思い出します。長々と大学院に在籍しながら小説を書き、院生の友達も多く、夫も同じように長々と大学院にいたひとで、私のまわりでは、青春時代は学問と切り離せないもので。だから、学問をする若者の話が書きたくて仕方なかった。そうやって洪庵シリーズは生まれたのだなと、改めて思います。
 
一方で、新作のほうはといえば、超能力者が出てくる「未来記の番人」や、現代女子中学生一人称の「緒崎さん」シリーズの存在があってこそ書けたものだろうなと思います(「緒崎さん」よりは先に書いていますが、最終形態になるまでの間に順番いれかわってますので、影響はあっただろうなと)。同じように江戸時代の大坂が舞台で、たぶん、根底にあるものは同じなんですが。
 
今は、次に書く小説の調べ物をしています。楽しい。新しい論文探してるときのわくわく感は、格別です。
 
舞台の企画も、着々と進んでいます。今、出回っているチラシは、役者さんのプロフィール画像のものですが、じきに、舞台装束写真つきのが出ます。カッコいいです! 実は、一部、先に見せてもらってたんですけども、「コレ絶対、誰にも見せないんで持って帰らせてください」とお願いしたんですが拒否されまして(当たり前か。すみません)、チラシが出るのを楽しみにしておりました。そのチラシくらいから、あらすじも掲載されるかと思います。大阪公演、東京公演ともに、役者さんのアフタートーク付きの回もあるようです。なんか、すごい!
 
 

234332
新しい年が始まりました。
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。
 
233741
年の初めに、お参りさせていただきました。
二十年前、このお寺と、大坂という町の歴史に惹かれ、一つの物語を書きました。デビュー作『浪華の翔風』です。その後、同じく四天王寺を舞台にし、四天王寺楽人と〈在天別流〉という特殊な一族の出てくる小説、「緒方洪庵」シリーズを、続けて発表しました。
 
それらを書いている頃の私は、まだ作家と名乗るのも恥ずかしいような半人前の物書きでしたが、結果として、〈在天〉が、私をプロ作家にしてくれました。作家として仕事を続けて十年たった頃にドラマ化が決まり、私の仕事の世界を再び広げてくれたりもした、大事な作品たちです。
 
デビュー二十年の今年。
もう一度、違った形で、「洪庵」シリーズは世に出ます。なんだか、不思議な巡り合わせです。長年、このシリーズを見守ってきてくださった方々のおかげです。
 
気持ちをあらたに、すべての始まりだった四天王寺さんにお参りし、あらためて、今後も精進しますと誓ってきました。
舞台「蘭〜緒方洪庵・浪華の事件帳」に関わるみなさまの健康と舞台の成功も、お祈りしてきました。
今後とも、〈在天〉の物語を、どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
もちろん、デビュー以来手がけてきたシリーズだけではなく、新作についても、いっそう、気合い入れております。
 
新刊ですが、まずは今月、小学館ジュニア文庫さんから、「緒崎さん家の妖怪事件簿」シリーズの3巻目が出ます! 今回も、いろんな妖怪がにぎやかにわちゃわちゃしてます。よろしくお願いします!
 
それから、春には、時代小説の新刊が出ます!
私の作業はもう完了済みでして、このくらいは言っちゃっていいかなと思いますので言っちゃいますが、初期〈在天〉シリーズ以来になる、単行本での刊行です。舞台は大坂、江戸時代。アクションあり謎解きありの、築山らしいけど新しい感じだね、と思ってもらえそうな作品にしあがったんじゃないかと。
 
デビュー作から二十年。
まだ作家と名乗り続けられていることに感謝しつつ、今年も、がんばりますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
あ、四天王寺と言えば、「未来記の番人」も、もちろん大事!
234053
これ、見えますでしょうか。赤くチェックしてあるところ。四天王寺金堂にある、「聖徳太子が鷹になってよみがえってきたときのための止まり木」です。伝説は、このような形で、今に伝えられているのです。
 
233829
で、おみやげはもちろん、「四天王寺の西門前の饅頭屋」の、おまんじゅう。
作中のと違って、おいしいんです!これはもう、声を大にして言わなきゃいけないところなんですが!……なんで作中で、おいしくなさそうな饅頭屋にしちゃったかな私。あちこちで言ってますが、このお饅頭が好きなので、饅頭屋なんですよ、あのひとたち。設定上、どうしても、やる気のない饅頭屋になっちゃうんですけども……。
 

少しブログを書く気になった、このタイミングで、8年モノのパソコンが危機的状況になりまして、起動して三十分後には止まるような状態のパソコンから、あわてて、データを吸い出しております。仕事上必要なものはもちろん、昔の写真とか、全部、パソコン本体に入ってるので、動くうちに移しておかないと。
 
3453
これは、桂林。
 
3694
こちらは、カトマンズ。
 
お正月に海外逃亡していたときの写真が、アレコレ未整理で残っていて、今さらながら、ちゃんと覚えているうちにアルバム作ればよかったな、と。
とりあえず、データだけは保存しておこうと、あわてています。
もし、このまま、またブログが止まったら、「あーパソコン壊れたんだな」と思ってください……いや、ほんと、書きたいことはあるのです……。

 

1024
宇治に、紅葉を見に行ってきました。一週間ほど前のこと。
0985
青空に、平等院の鳳凰。
平等院には、鵺退治で有名な、源頼政さんのお墓もございます。鵺くん、勝手によみがえらせちゃってごめんなさいと、ご挨拶してまいりました。
0999
川縁を、ぶらぶらと。
1025
「緒崎さん」2巻で、団子好きの妖怪の話を書きました。最近は抹茶スイーツもいろいろありますが、宇治にいくと、昔ながらの茶団子が食べたくなります。
 
さて、今年もそろそろ終わりに近づいてきました。
年内には、仕事関係で、お知らせできることがありそうです。
 
秋の間、まじめに執筆しておりました。その成果も、ぼちぼちと。
まじめに執筆していたので、ほとんど刀の展示を見に行けず、ちょっと悔いが残っております。岡山も富山も行けなかったし、「にっかり青江」も見に行きたかったなあ。京博の国宝展も、期間終了ぎりぎりに一度、見ただけでした。残念。
 
書きたいことが、いろいろ出てきそうなので、まめに更新できるといいなと思っております。

 


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.241sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya