カテゴリー
アーカイブ
 

20200
「夏しぐれ 家請人克次事件帖」新装版、発売です!
双葉文庫、今月の新刊です。そろそろ店頭に並ぶころだと思います。
 
新しい表紙も、とてもとても素敵です。克次がかっこいい!
イラストははぎのたえこ様、デザインは松岡史恵様が手がけてくださいました。ありがとうございます!
 
「家請人」とは、借家の保証人業。
現代と同様、江戸時代にもありまして、身内や知人に保証人を頼めない人が、お金で頼み、借家証文に名を入れてもらうのです。誰にも頼れない者の、最後の頼みの綱といったところです。
 
克次は、深川で家請人業を営む、元岡っ引き。過去の傷を引きずりながら、請人業に精を出す克次のところに、とある駆け落ち夫婦がやってきたところから、物語は始まります。一月に出した「左近」シリーズとは違い、普通の町の暮らしのなかで、普通の人たちが出会う事件の話です。
 
私の作品は大坂を舞台にしたものが多いのですが、これは江戸モノ。深川が舞台です。これを今、「新装版で出したい」と声をかけていただいたこと、とてもうれしく思っています。大坂モノだけじゃなくて、江戸モノももう一度、世に出せるのが幸せです。
 
新装版の作業をしながら、これを書くために(正確には、これの前のシリーズも深川が舞台だったので、その頃から)深川周辺を歩き回っていた頃を思い出しました。大坂と違い、あまり馴染みのない江戸。自分の足で歩いてみないことには判らないことも多いはずと、何度も東京に行って、何度も周辺をうろうろ歩きました。
 
深川神明宮さんの辺りの雰囲気が好きで、神社の方に町のことをいろいろ聞かせていただいたりもしました。お世話になりました。
ぶらぶらと歩き回り、お腹がすいて、目にとまったお蕎麦屋さんに入ったら、地元の方ばかりのお店で、平日昼間に現れたガイドブックと地図を持った旅行者はめちゃくちゃ場違いで、狼狽えたことも。そこで食べたお蕎麦、おいしかった。正確な場所、覚えていないのですが、今もあるのかなあ。
 
タイトルはですね。夏の話なので、季節感のある単語をいくつか考え、その中から担当さんに選んでいただいたもの。最近会った、私をあまり知らない方に、「同じタイトルの歌でデビューしたバンドがあるんだけど、売れなかった曲だから知らないでしょうね」と言われましたが、私、そのバンド、アルフィーさんのコンサートに通い続けて30年です。夏しぐれ、良い歌です!
 
十二年前に読んでくださっていた方も、初めましての方も、ぜひぜひ手に取って、克次と深川の者たちの物語に触れてくださいませ!
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
 

2020010
新刊見本、届きました!
 
今回も、表紙デザインはアルビレオさま、絵は安楽岡美穂さまが手がけてくださいました。左近がとっても美しいです! 名刀が似合う! いつも表紙を見るのがとても楽しみなのです。素敵!
 
店頭に並ぶのは16日くらいだそうです。場所によっては、少しずれるかも。
よろしくお願いいたします!
 
今回は、前作に比べると、〈在天〉シリーズをご存じない方にも入りやすい話かなと思います。〈在天〉は知らないけど刀剣は好き、という方にも読んでもらえたらうれしいです。でも、根っこでは初期ネタとがっつり絡んでる話なので、シリーズ読破してくださってる方は、そういう面でも楽しんでいただけたら幸せです。前の三冊はキャラの過去に関わる物語だったんですが、矢印の向きが変わった感じ。雰囲気も少し、違うかもです。いや、そうでもないかな。同じかな。
 
帯に出ている「鶴丸国永、小竜景光」は、前の記事にも書きましたように、作中に登場する名刀の名です。表紙で左近が手にしているのは、小竜景光のほう。倶利伽羅龍の彫り物が美しい刀です。楠木正成の愛刀。去年の秋に東博で展示されていました。私の好きな南河内の歴史と関わる刀です。大楠公と関わるなら四天王寺とも関わるだろう、というのが発想のもと。
 
刀剣関係いろいろ、本を読んだり講演を聴かせていただいたりするのですが、どういう立ち位置で刀剣と関わってこられた方かによって、見方は多様。考え方が一つでないのは歴史学と同じですが、そうなると、自分の肌に合うアプローチというのはやはりありまして、私は根っこが文献史学なので、どうしても文献史料がらみの話がいちばんときめきます。「文献に出てくる」のもときめくし、「なぜか文献に出てこない」のもときめきます。「眠れる名刀」は、そういうときめきがもとになった物語でもあります。
 
左近シリーズ新刊「眠れる名刀」、16日発売予定です。
どうぞ、よろしくお願いいたします!!
 
……16日は、私は城ホールで刀剣乱舞ミュージカルを見る予定。すでに広島公演を見に行っているんですが、とてもとてもすばらしかったので、大阪公演も楽しみ。タオルはネイビーです、今年も!
 
 

202001
年の初めは、文楽!
「加賀見山旧錦絵」の忠義の娘お初、好きです。
 
2020010
お正月イベントの手拭い撒きで、ぽーんと目の前に飛んできてくれました。やったー!
人形浄瑠璃の神様にエールをいただいたので、今年は「近松よろず始末処」の続編が出るはず! がんばります!
 
新たな年は、体に気を使いつつ、活動的に過ごしたいです。もっと小説書きたい。
 
昨年は、上半期は療養、夏は再演「蘭」を見ながら体調のリハビリをして、秋には復活……の予定が、療養期間の体力減退が予想以上だったのか、秋に「気合い入れてあれこれやるぞー!」と動き始めたとたん、風邪をこじらせて肺炎で寝込むはめになったりしていまして、つくづく、体との付き合い方が下手だったなあと。
 
それでも、十二月ラストにはいつもの大阪城ホールでアルフィーさんのツアーファイナルに参加し、幸せな気持ちで一年を終えられましたので、気力は充実しています。体力は、これから。さあ、がんばろう!
 
今月の半ばに、新刊が出ます。
「眠れる名刀 左近・浪華の事件帳」。
左近シリーズ4冊目です。
遅くとも17日くらいには店頭に並ぶかと。
 
刀の話です。
再演の「蘭」舞台上で左近さんが活躍していた頃、思い入れ込めて書いていたもの。
 
楠木正成の愛刀・小竜景光と、伊達家の名刀・鶴丸国永。
二振りの刀をめぐるお話です。
前者は東京国立博物館所蔵、後者は宮内庁御物として現存する名刀です。
他にもいろいろ出てきますが、メインはその二振り。
名刀と〈在天〉と大坂の話。
 
「刀」はとても奥の深いもので、簡単に手を出しちゃいけない気がしていたのですが、そんなこといったら雅楽だってそう簡単に手を出せるようなものじゃないけど手を出してしまっているし、今さらかなとも思い直しまして、築山流の大坂と刀の話を書きました。伊達家の刀の記録「剣槍秘録」を見て、「これ書きたい」と思っていたネタ。左近さんの刀については、某所の刀剣講座に新幹線に乗って通っていたとき、手にとらせていただいたノサダの刀の軽快さに強く惹かれ、これを彼女に持たせたいと思い続けていたのでした。
 
これの刊行後、同じく双葉文庫さんで、昔の本の新装版を、また出してもらう予定です。そちらも、詳しくは、また後日に。
 
今年もよろしくお願いいたします!
 
 

020
新刊、届きました。
「影の泣く声 左近・浪華の事件帳」。
シリーズ第三作です。
発売は、年明け、1月10日。
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
表紙絵には、〈在天〉の長・弓月王の登場です。後ろ姿ですが。
今回も、表紙絵は安楽岡美穂さん、デザインはアルビレオさんが手がけてくださいました。いつも素敵な表紙、ありがとうございます!
 
「洪庵」シリーズドラマ化がきっかけで書き始めたこのシリーズ、その後、極めて個人的な事情で中断してしまい、今年になって舞台化で復活。「浪華の翔風」で初めて〈在天別流〉を書いたときには何一つ予想していませんでした。とてもいいこともとても悲しいことも乗り越えて、ここにたどり着きました。人生いろいろ。
 
時系列としては、「闇の射手」のあと。主役は左近で、相方の若狭と組んで事件を解決する話、という主軸は変わりません。で、帯にある通り、上総、つまり〈在天〉の長で左近の異母兄の弓月王と、正体不明の情報屋赤穂屋の過去の因縁が明らかになる、という話です。赤穂屋の正体バレの話。
 
もし、「浪華の翔風」を刊行と同時に読んでくださった方がいらしたら、20年間隠しといて今になって明らかになる過去ってなんやねん、と思われるんじゃないかと不安ですが、でも、この人の過去は、20年前にキャラを作ったときから決まっていたのです。で、この作品を書くまで、私以外に知ってるひとはいませんでした。なので、派生作品の制作関係の方はご存じありません。ご存じないので、あれこれ、いろいろ、こちらの気持ちとしては思い入れもいろいろだったんだと、ここでこっそりつぶやきます。いろいろってなんやねんて感じですが、いろいろなんです……。
 
苦労しました。書くのに。あんまりにも苦悩して苦労したので、担当さんに、ホントはもうこのキャラ書きたくなかったんじゃないですかって言われたくらいなんですが、そうじゃないんですよ、ずっと書きたかった話だから、しんどかったんです。……なので、こそっと言いますが、左近シリーズこれでは終わりませんです……まだ出ます双葉文庫さんお世話になります……。
 
来年は、「蘭」の再演もありますし、今後も〈在天〉とお付き合いいただけましたら、本当に幸せです。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
さて。
なんだかんだと、もう大晦日。
 
いろいろあった一年でした。
久しぶりの単行本「近松よろず始末処」は、おかげさまで、いろんなところで書評などに取り上げていただきました。ありがとうございました。続編、準備中です!
初のジュニア向けシリーズ「緒崎さん家の妖怪事件簿」は3,4巻が出せて無事に完結できました。こちらも、ジュニア向け新企画でまたお会いできたらと。
 
母校大阪大学では、2回、講演させていただき、懐かしい恩師や学友と再会できました。
地元紙京都新聞で、リレーエッセイの執筆も、させていただいています。
 
そして、もちろんあの、舞台「蘭 緒方洪庵 浪華の事件帳」もありました。
 
多くの方にお世話になりました。
本当にありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
 
 

5149
「緒崎さん家の妖怪事件簿 月×姫ミラクル!」
明日、発売です!
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
初のジュニア向け、初の現代モノ、初のファンタジー(?)と、初めてづくしだったシリーズの、完結編です。伏線全部回収して満足です!
 
若菜とアキ君、シュウ君ほか妖怪たちの同居生活に最大の危機が!?
竹取屋敷はどうなっちゃうの!?
……最後まで楽しんで楽しんで書きました。
 
かすみのさんのイラストが、今回もとてもとてもかわいいんです!
表紙は全員集合で、どのキャラも素敵です。かっこいい子もかわいい子もいきいきとイメージ以上に描いていただけて、幸せです。
 
どうぞ、手に取っていただければと思います!
よろしくお願いします!
 
いろいろと迷ったり戸惑ったりしながらの挑戦でしたけど、一人称の女の子書けてホントにうれしかったな。やりたかったんですよね。時代小説はもちろん好きだけど、「あたし○○なの!」みたいな小説、ずっと憧れてて。新井素子世代なもので、そりゃもう。夢がかなったシリーズでした。また機会があれば、チャレンジしたいです。
 
今回のお話でも出番のある化け猫くん&優等生委員長さやかちゃんのコンビ。実は、元はかすみのさんがナナちゃん案としていくつか描いてくださったラフ画で。そのなかで、これはナナちゃんじゃなくて委員長キャラだ!って思った絵がありまして、そこから生まれたのがさやかちゃん。で、彼女と組むならこういう妖怪かな、と生まれたのが隻眼の化け猫マサムネくんでした。そういうふうに、イラストからキャラを作れたのも、楽しい体験でした。
 
「緒崎さん家の妖怪事件簿 月×姫ミラクル!」
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
 


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.165sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
© 2008-2019 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya