カテゴリー
アーカイブ
 

020
新刊、届きました。
「影の泣く声 左近・浪華の事件帳」。
シリーズ第三作です。
発売は、年明け、1月10日。
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
表紙絵には、〈在天〉の長・弓月王の登場です。後ろ姿ですが。
今回も、表紙絵は安楽岡美穂さん、デザインはアルビレオさんが手がけてくださいました。いつも素敵な表紙、ありがとうございます!
 
「洪庵」シリーズドラマ化がきっかけで書き始めたこのシリーズ、その後、極めて個人的な事情で中断してしまい、今年になって舞台化で復活。「浪華の翔風」で初めて〈在天別流〉を書いたときには何一つ予想していませんでした。とてもいいこともとても悲しいことも乗り越えて、ここにたどり着きました。人生いろいろ。
 
時系列としては、「闇の射手」のあと。主役は左近で、相方の若狭と組んで事件を解決する話、という主軸は変わりません。で、帯にある通り、上総、つまり〈在天〉の長で左近の異母兄の弓月王と、正体不明の情報屋赤穂屋の過去の因縁が明らかになる、という話です。赤穂屋の正体バレの話。
 
もし、「浪華の翔風」を刊行と同時に読んでくださった方がいらしたら、20年間隠しといて今になって明らかになる過去ってなんやねん、と思われるんじゃないかと不安ですが、でも、この人の過去は、20年前にキャラを作ったときから決まっていたのです。で、この作品を書くまで、私以外に知ってるひとはいませんでした。なので、派生作品の制作関係の方はご存じありません。ご存じないので、あれこれ、いろいろ、こちらの気持ちとしては思い入れもいろいろだったんだと、ここでこっそりつぶやきます。いろいろってなんやねんて感じですが、いろいろなんです……。
 
苦労しました。書くのに。あんまりにも苦悩して苦労したので、担当さんに、ホントはもうこのキャラ書きたくなかったんじゃないですかって言われたくらいなんですが、そうじゃないんですよ、ずっと書きたかった話だから、しんどかったんです。……なので、こそっと言いますが、左近シリーズこれでは終わりませんです……まだ出ます双葉文庫さんお世話になります……。
 
来年は、「蘭」の再演もありますし、今後も〈在天〉とお付き合いいただけましたら、本当に幸せです。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
さて。
なんだかんだと、もう大晦日。
 
いろいろあった一年でした。
久しぶりの単行本「近松よろず始末処」は、おかげさまで、いろんなところで書評などに取り上げていただきました。ありがとうございました。続編、準備中です!
初のジュニア向けシリーズ「緒崎さん家の妖怪事件簿」は3,4巻が出せて無事に完結できました。こちらも、ジュニア向け新企画でまたお会いできたらと。
 
母校大阪大学では、2回、講演させていただき、懐かしい恩師や学友と再会できました。
地元紙京都新聞で、リレーエッセイの執筆も、させていただいています。
 
そして、もちろんあの、舞台「蘭 緒方洪庵 浪華の事件帳」もありました。
 
多くの方にお世話になりました。
本当にありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
 
 

5149
「緒崎さん家の妖怪事件簿 月×姫ミラクル!」
明日、発売です!
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
初のジュニア向け、初の現代モノ、初のファンタジー(?)と、初めてづくしだったシリーズの、完結編です。伏線全部回収して満足です!
 
若菜とアキ君、シュウ君ほか妖怪たちの同居生活に最大の危機が!?
竹取屋敷はどうなっちゃうの!?
……最後まで楽しんで楽しんで書きました。
 
かすみのさんのイラストが、今回もとてもとてもかわいいんです!
表紙は全員集合で、どのキャラも素敵です。かっこいい子もかわいい子もいきいきとイメージ以上に描いていただけて、幸せです。
 
どうぞ、手に取っていただければと思います!
よろしくお願いします!
 
いろいろと迷ったり戸惑ったりしながらの挑戦でしたけど、一人称の女の子書けてホントにうれしかったな。やりたかったんですよね。時代小説はもちろん好きだけど、「あたし○○なの!」みたいな小説、ずっと憧れてて。新井素子世代なもので、そりゃもう。夢がかなったシリーズでした。また機会があれば、チャレンジしたいです。
 
今回のお話でも出番のある化け猫くん&優等生委員長さやかちゃんのコンビ。実は、元はかすみのさんがナナちゃん案としていくつか描いてくださったラフ画で。そのなかで、これはナナちゃんじゃなくて委員長キャラだ!って思った絵がありまして、そこから生まれたのがさやかちゃん。で、彼女と組むならこういう妖怪かな、と生まれたのが隻眼の化け猫マサムネくんでした。そういうふうに、イラストからキャラを作れたのも、楽しい体験でした。
 
「緒崎さん家の妖怪事件簿 月×姫ミラクル!」
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
 

「左近・浪華の事件帳」シリーズ新装版、見本が手元に届きました。
「遠き祈り」「闇の射手」、同時発売です!
来週の半ばあたりには店頭に並ぶのではないかと。
どうぞ、よろしくお願いいたします!
(それぞれ、独立した話ではありますが、時系列としては「遠き祈り」のほうが一巻めです)
721
「洪庵」シリーズ新装版に続き、デザインはアルビレオさま、表紙絵は安楽岡美穂さまが手がけてくださいました。
とても美しい左近と若狭です。ありがとうございます!
章と左近の一対とはまた違う、二人の関係があらわれていて、素敵です!
 
背景に描かれているのは、四天王寺の石鳥居。お寺なのに鳥居があるのが四天王寺でして、この鳥居のある西門の近くに、高麗屋はあります。 
以前の版のときも、「闇の射手」の表紙には若狭がいたんですが、後ろ姿だったので、顔の見える形で登場したのは初めて。楽人装束の似合いそうな、美しい若狭を描いてくださいました。左近ちゃんのほうは、「北前船」のうれいをおびた表情とは違って、今度はさっそうとして凜々しい美剣士という感じ。「洪庵」シリーズよりも少し若い二人です。作中、この二人の出会いも、出てきます。ほか、弓月(上総)、赤穂屋あたりがメインキャラ。
 
「洪庵」シリーズ新装版で在天を知ってくださった方、舞台「蘭」をご覧になって左近や若狭を気にいってくださった方、前にも読んだけど久しぶりにまた読んでみようかなという方、どうぞ、お手にとってくださいませ!!
 
続きも出ます!……もう少しお待たせしてしまいますが、出ます!!
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
 

本日付の京都新聞夕刊に、コラム掲載していただいています。
「私の知らない京都」というタイトルの通りの京都ネタを書いているのですが(歴史の話ではなく、日常コラムです)、そのなかでちらっとだけ出てくる、先日見に行ったお芝居というのは、京都で一日限りの再演があった、北翔海莉さんご出演の「恐怖時代・多神教」です。感想書こうと思いつつ、時間がなくて書けておりませんが、初観劇の、左近ちゃん以外のナマ北翔さん、とてもとてもお美しかったです! 
 
コラムは、今後一年、定期的に掲載していただきます。数ヶ月に一度、まわってくる予定です。
 
暑さにバテそうになりながら、ばたばたと過ごしています。
8月10日ごろに、「左近・浪華の事件帳」シリーズ、「遠き祈り」「闇の射手」の新装版が発売になります。
表紙絵、すばらしいです。「洪庵」シリーズ新装版と対になる感じで、今度の2冊は、左近と若狭のペアです。
 
どうぞ、よろしくお願いいたします!!
 
 

「禁書売り」「北前船始末」新装版、発売です!
12日に店頭に並ぶ予定です。
どうぞ、よろしくお願いいたします!
1414
 
春らしい、さわやかな表紙になりました!
美しい装画は、安楽岡美穂さんが描いてくださいました。
章の初々しさ、左近の愁いを帯びた表情、それに、なんといっても、楽人装束。
左近はいろんな格好をするキャラなので、どんな姿で描かれるのかわくわくしておりましたら、楽人姿はどうですかとご提案いただきまして、「ぜひそれで!!」とお願いしました。素敵です!
 
帯は、舞台「蘭」の主演藤山扇治郎さん、北翔海莉さんの写真つき。華やかな楽人左近と、真面目そうな蘭学生の章。こうしてビジュアルで見ると、この二人がどうやって知り合うんだ感がありますね。違う世界に生きる二人なんだなと。でも、出会うんですよね。舞台の上で。楽しみです。
 
記念に、歴代の「洪庵シリーズ」を並べてみました。
鳥影社版、旧双葉文庫版、新装版です。旧文庫は、ドラマの帯つき。
417
鳥影社版を出したときには、こんなに長く読んでいただけるとは、思ってなかったなあ。昔の版を長く愛してくださった方々のおかげです。本当にありがとうございます。新しい版も、大勢の方の手にとっていただけますように。
 
あ、「洪庵シリーズ」から「在天」に興味を持ってくださった方がおられましたら、ぜひ、既刊「浪華の翔風」も、お手にとってみてください。

4191
現在、ポプラ文庫ピュアフルより発売中。もとは、鳥影社から発売された、私のデビュー作です。「洪庵シリーズ」でちょこちょこ出てくる、左近の兄の弓月メインの話ですが、左近がちらほら出てきます。
私の著書で唯一の著者あとがきと、東えりかさんが書いてくださった解説もついていまして、デビュー当時の事情が少しわかります。「在天別流」はここから始まりました。……といいつつ、時系列では、「洪庵シリーズ」の後の物語。
新刊「近松よろず始末処」でもお世話になっている、ポプラ社さん刊行です。よろしくお願いいたします。
 
あと、ですね。左近に関しては、双葉文庫さん書き下ろしで別シリーズもありまして、そちらは左近と若狭ががっつりメイン、弓月も割と登場、という感じなんですが、今はやっぱり手に入りづらいんですが、そのうちに、この機会に、ちょっと、あれです。今はまだ、ええと……しばらくお待ちくださいとだけ……! 
がんばりますので、まずは「洪庵シリーズ」を、よろしくお願いいたします!
 
 


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.162sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
© 2008-2019 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya