カテゴリー
アーカイブ
 

このエッセイは、2010年4月発行の「U7 Vol31」という、大阪大学他七大学合同同窓会誌に書かせていただいたものです。
「洪庵シリーズ」にも触れていて、いろいろと懐かしく。
ここに、再掲させていただきます。
 
 
「恩師を語る」
 
 学生時代の私は、大学院に進んで研究の道を目指したい気持ちと、十代の頃から夢に描いていた小説家への道を諦めきれぬ思いとの間で、なんとも冴えない日々を過ごしていた。どちらにも明るい展望が開けているのならばいいのだが、両方とも前方には暗雲しか見えず、「きっと上手くいかない」気がして、悶々としていた。
 
 小説家志望であることはゼミでは内緒にしていたから、当時の指導教官であった脇田修先生は、そんな私の悩みをすべて知っておられたわけではない。しかし、「大学院への進学を早くから希望していた割に、卒論の時期になっても何かに迷っているらしい」とは思われたようだ。あるとき、教授室に呼ばれ、「何を迷っているのか」と訊かれた。私は、そのときもやはり本当のことは言えず、「やりたいことを選んでも、うまくいきそうにない気がする」というような、曖昧なことだけを口にした。
 脇田先生は笑って仰った。「そんなこと考えたってしょうがないでしょう。あなたは若いんだから、これから恋愛だってする。そうしたら、きっと研究が手につかなくなる。それでもいいんですよ、みんなそうなんですから」。なんでここでいきなり恋愛の話なんだろう、ときょとんとしたが、もしかしたら先生は、私がそういう方面で悩んでいると思われたのかもしれない。それにしても、卒論や院試を前にした学生に、研究が恋愛でおろそかになってもいいんだよ、というアドバイスをされる先生のおおらかさには驚いた。
 さらに先生は、続けて仰った。「女性は結婚や家庭のことを考えると男性以上に大変です。でも、なんとかなるもんですよ。うちの奥さんだってやってますから」。脇田先生の奥様は、言わずとしれた中世史の研究者、脇田晴子先生である。そんな非凡な方を引き合いに出されたって平凡な女子学生は困ります……とは思ったのだが、それでも、ふっと心が軽くなった気がした。なんとかなるもんですよ、という一言が、すっと胸に入ってきたのである。なんとかなる……そう思ってもいいのだ、と前を向くことができたのだ。
 
 その後、私は卒論を書き、院試に合格し、もたもたと研究を続けながら、大学院博士後期課程にまで進むことができた。在学中に、ほんの少部数の出版ではあったが、デビュー作の小説『浪華の翔風』を発表することもできた。小説のほうは、その後も続けて作品を発表する機会に恵まれ、昨年はテレビドラマ化もされた。NHK土曜時代劇「浪花の華」として放映されたのは、まだ大学院に在籍していた頃に書いた『緒方洪庵 浪華の事件帳』シリーズである。幕末の名医緒方洪庵の修業時代を取り上げ、学問を志す若者の青春を、当時の大坂の状況をおりまぜ、男装の美女剣士も登場させて伝奇風の味付けを加えて描いた作品だ。
 緒方洪庵を教え導いた師匠中天游も、主要登場人物の一人であるのだが、実は作中の中天游、恐れ多いことながら、秘かに脇田先生をモデルにさせていただいている。中天游を調べるうちに、妻のお定が天游と同じく名高い医者であったことが判り、「夫婦で同業者で有名……脇田先生ご夫妻みたい」と思ってしまったのだ。となるとどうしても、物語のなかの天游像も影響を受けてしまう。同時に、洪庵が学んだ思々斎塾は、私が学んだ脇田ゼミに、どこか似た場所になった。正直に言えば、院生時代の私は自分の所属する研究室での生活をあまり楽しんではいなかったので(そもそも、まわりがみな研究者を目指しているなかで、一人だけ心秘かに小説家を志していたのだから、居心地が良いほうがおかしいのである)、思々斎塾は、楽しいだけの場所にはならなかった。しかしながら、悩みも迷いも大きくあたたかく見守ってくれる師匠のいる、おおらかな学問の場になった。
 
 脇田先生には、「浪花の華」の時代考証でもお世話になった。原作者も時代考証担当者も撮影には立ち会わないため、ドラマの現場でお会いすることはなかったが、思わぬ形で再び先生とご縁がつながったことが嬉しく、つい浮かれて、監督さんとの打ち合わせの席で「実は中天游のモデルは脇田先生」と漏らしてしまった。もちろん、「先生には内緒で」と言ったつもりだったのだが、後に、先生とご一緒させていただいたドラマのトークイベントの会場で、大勢のお客さんを前に「実はここにおられる脇田先生は……」とばらされてしまい、大いに慌てた。が、先生は、にこにこといつもの笑顔で受け止めてくださった。だったらもう秘密にすることもないやと思い、こうしてここに書いている次第である。
 脇田ゼミにあのおおらかさがなかったら、きっと私は小説家への道を諦めていただろう。なんとかなるもんですよ――今でも私は、生き方に迷ったときには、あのときの先生の言葉と笑顔を思い出すのだ。
 
 
脇田修先生のご冥福をお祈りいたします。
 

ぶらぶらと、お花見。
319
 
323
 
311
 
dsc_1310
 
年明けから、なんとなく体調が悪くて、寝込んだり、休んだり、また少し元気になったり、またダメになったり、なんだかぐずぐずしていたのですが、暖かくなってきたからか、ぐんと回復してきました。とはいえ、ここで張り切るとよくないんです。張り切って体力作りとか無理に始めると、ダメなんです。それ、少し前にやって失敗しました。落ち着いて、ぼちぼち、行かねば。
 

 

いつも、「広報活動」という感じのブログなので、ちょっと、気ままに書きます。
といっても、舞台のことなので、やっぱり広報ではありますが。
 
今、脚本の最終稿を確認しているところです。
ふだん、こういう、「現時点でここまで進んでいます」ということは、言わないほうがいいのかなと思って黙っているんですが、そればかりでもつまらないかなと思いまして、届いた脚本データを印刷しながら、「この感想は直後にブログ書こう」と思いつきました。最終稿ですしね。
 
そうはいっても、内容に関わるネタバレは書けませんが。
 
十年前のドラマのときには、脚本は、準備稿のときから、冊子になった形の現物で送ってきたんですが、今回、データ送付になっちゃって、ちょっと残念です。データのほうが時間のロスがなくて便利ですけど、でも、画面で読むの苦手なので結局印刷するし、それなら、冊子でほしいなあ。役者さん、冊子で持ってるんですかね。データなのかな。データ見て頭のなかに入れるとか? タブレットで見るとか? 気になります。ほら、舞台の稽古って、脚本を片手に……というイメージがあるので。そもそも、それが違うのかな。私、たぶん、舞台稽古ってもののイメージのいちばん強烈なの、「ガラスの仮面」ですね。しかも、オオカミ少女とかやってたころの。古い。
 
それで、脚本なんですが。
……やー、舞台ってやっぱり、ほんとに、小説とは違うジャンルですね。準備稿の段階から、毎回、送られてきたのを読むたび、そう思います。
 
ドラマの脚本は、そうでもなかったんです。「浪花の華」は、ドラマを先に見た方に、「原作を読んでもドラマのイメージが壊れなくていい」との感想をいただいてしまったほどに、作品の基本イメージが、小説と共通していた気がします。
 
「蘭」は、脚本を見るたびに、びっくりしています。「え?そうくるの?」「ちょっと待って、そこ?」とか、ツッコミながら読みます。おもしろいです。びっくりしますし、ツッコミますけど、おもしろいです。で、一通りびっくりし終わったあと、じっくり読み直して、「それでもちゃんと在天別流だ」とか「章はちゃんと章だ」とか、納得して、先に進んでいきます。
 
……いや、ほんとにほんとの正直なところを言いますと、脚本読んだだけではどうなるのかわからないぞ、というところが多くて、ですね。もうね、ほんとに、これ何するの、という感じ。準備稿もちょっとそうだったけど、最終稿になって、さらに「?」の度合いが増しました。字面だけ見ててもわからない! なんだこれ! 具体的に説明して! みたいな。こういうのも、舞台ゆえの特徴なのかなあ。もしかして、この舞台だけ? 
 
でも、おもしろそうです。最終稿見て、見に行く回数増やそうかと思いました。舞台はナマモノ、日によって違うんだろうと思うので、可能なら、何回も見たいです。今、結構、悩んでるのが、こういうのって何回くらい見に行くのが常識的な原作者なんだろう、というところです。常識に合わせるよりは、自分の「見たい」度合いに合わせて行動する覚悟はありますが(笑)。
 
さて、そろそろ、近所に桜を見に行ってきます!
今日はいい天気です!
 

ステージナタリーさんに、「蘭〜緒方洪庵・浪華の事件帳」の特集記事として、出演者座談会が掲載されています。藤山扇治郎さん、北翔海莉さん、荒木宏文さん、佐藤永典さん、上田堪大さんの五人が、舞台への意気込み等を語られています。ぜひ、ご覧ください!
五人の方それぞれへ、原作者からのメッセージも載せていただいています!
 
ステージナタリーさんのリンクから、このサイトに来てくださった方がおられましたら、「蘭」の原作、「禁書売り」「北前船始末」の、「緒方洪庵・浪華の事件帳シリーズ」二冊は、4月15日ごろに、新装版として双葉文庫から刊行されます。現時点ではまだ、手に入りづらいです、すみません。4月中旬まで、お待ちいただければと。よろしくお願いします!
 
https://natalie.mu/stage/pp/ran
 
これ、製作発表の後に取材された記事でして。五人の方が写真撮影しておられる横で、著者コメントの取材を受けておりました。
 
こういうコメントってむずかしいです、正直なところ。一言でいえば「楽しみです」。それにつきるんですが、長く話せばいくらでも話せます。そんなスペースはもらえないけど(笑)。取材の直後も、原稿チェック段階でも、これでいいのかなあ、と悩んだ記憶があります。それぞれの役者さんについて、私よりもずっと詳しいファンの方とかが読まれるんだもんなー、なんか見当違いなこと言ってたらどうしよう、みたいな。
 
まあでも、章とか左近とか若狭とか耕介とか、私以上によく知っている方はいないわけなので、そこはまあ、いいか。
 
唯一、私が生み出したわけではないキャラを演じられるのが、佐藤永典さんなのですが、他の誰かが生み出したキャラが自分のキャラと絡む、というのは、作品が他ジャンルに出て行ったからこそ味わえるものなので、他のキャラとは違う種類の期待を持っています。……や、もちろん、不安もありますけど。うちの左近や若狭に何するつもり、と言った類の。隠密同心だしなー。不穏ですよね、そこはやっぱり(笑)。
 
あ、あと、ですね。
この記事のチェックしているときに、「そのころには出てるだろ」と思って、来月の新刊を、プロフィール欄に入れてしまいました。すみません、「近松よろず始末処」、まだ出ておりません。十日後くらいには出ているはずです。単行本で、ポプラ社さんから。
大坂の舞台芸能がらみの話なので、舞台つながりで、こちらもぜひ、よろしくお願いします!
 
……でも、ちょっと景気の良くない芝居小屋の話だからアレですね……なんでこう、客の来ない饅頭屋とか客の来ない芝居小屋とかばっかり書くんだろう私……。
 

4月の新刊の告知が、もう出ているようです。
……というか、知らなかったんですが、だいぶ前から、各種サイトでタイトルは出ていたそうで、書影が出たのが最近、ということらしいです。
すみません、情報って、どこまで書いていいのもかわからず、後手後手にまわっております。
書影、こんな感じです。
めちゃめちゃかっこいいです!
232442
すみませんが、上半分だけです。某書店サイトには全容が出ておりますが、なんでここでは下半分がないかというと、私の手元にあるのは完成品ではなくて見本版で、下半分には帯がついていて(はずせなくて)、帯はまだ、書店サイトでも目にしていないので、出してしまっていいものかどうかわからないのです、すみません。
 
このイラストだけで、ぴんとこられる方、多いと思いますが、すごい方に、表紙イラストを手がけていただきました。これも、もうお名前出していいものかどうか、未確認なのですみません。でも、わかる方にはわかりますよね、このカッコいい絵は!
 
タイトルは、「近松よろず始末処」。近松は、もちろん、近松門左衛門です。
大坂の町をいろいろと書いてきましたが、今度は元禄文化の時代。人形浄瑠璃、華やかなりしころ!……かと思いきや、ちょっと違ったりもしますが。
近松と仲間たちが、大坂の町をかけまわるお話です。
発売は4月5日の予定。発行はポプラ社さんです。
どうぞ、よろしくお願いいたします!
 
 
それから!
こちらもようやく、刊行予定日が出ました!
「緒方洪庵・浪華の事件帳」シリーズの、「禁書売り」「北前船始末」。
お待たせいたしました!
4月15日ごろ、新装版が二冊同時に、双葉文庫さんから発売になります!
舞台を楽しみにしてくださっている方、ぜひ、予習代わりに、お手にとって見てください。
まだ書影は出ていませんが、前の版とは、またがらりと変わった、素敵な表紙です。前の表紙も大好きなのですが、今度のも美しいです!
もちろん、舞台化情報の帯もついています。俳優さんのお写真も!
 

どうぞ、よろしくお願いいたします!
 


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.205sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya