カテゴリー
アーカイブ
 

あっという間に、二月も後半ですね。
あの寒波で、懐かしい福井の町が大変なことになっているのをニュースなどで見て、心が痛みました。雪の大変さを、福井に住むまでは本当に知らなくて、初めて1メートル近い雪を経験したときのショックは、何年たっても忘れられません。福井の町が、一日も早く、普段通りの暮らしを取り戻せますように、お祈りしております。
 
さて、私はといえば、なんだか、ばたばたと暮らしています。年明けから、出かけることが増えたのと寒さとで、体調を崩し気味だったのですが、このところ、少し落ち着いてきました。
 
「洪庵」シリーズ新装版ゲラのチェックをしていたら、ドラマの時に出した文庫版に、それなりに誤字が見つかって、落ち込みました。なんで気づかなかったのか……。新装版が出せて、本当によかったです。
店頭にならぶのは、もう少し先になりますので、舞台情報から興味を持ってくださった方は、あとちょっとお待ちいただければと!
 
たぶん、この新装版と、新作の単行本が、同じころに書店に出ると思います。
 
……私がいま、二つの作品を続けて読むと、「あー、17年の間に文体も変わったな」と思うのですが、書いた本人でなければ、似たようなものなのかなとも。いや、やっぱり、さすがに違うか。
 
そして、洪庵シリーズを読み返すと、どうしても、自分の大学院生時代を思い出します。長々と大学院に在籍しながら小説を書き、院生の友達も多く、夫も同じように長々と大学院にいたひとで、私のまわりでは、青春時代は学問と切り離せないもので。だから、学問をする若者の話が書きたくて仕方なかった。そうやって洪庵シリーズは生まれたのだなと、改めて思います。
 
一方で、新作のほうはといえば、超能力者が出てくる「未来記の番人」や、現代女子中学生一人称の「緒崎さん」シリーズの存在があってこそ書けたものだろうなと思います(「緒崎さん」よりは先に書いていますが、最終形態になるまでの間に順番いれかわってますので、影響はあっただろうなと)。同じように江戸時代の大坂が舞台で、たぶん、根底にあるものは同じなんですが。
 
今は、次に書く小説の調べ物をしています。楽しい。新しい論文探してるときのわくわく感は、格別です。
 
舞台の企画も、着々と進んでいます。今、出回っているチラシは、役者さんのプロフィール画像のものですが、じきに、舞台装束写真つきのが出ます。カッコいいです! 実は、一部、先に見せてもらってたんですけども、「コレ絶対、誰にも見せないんで持って帰らせてください」とお願いしたんですが拒否されまして(当たり前か。すみません)、チラシが出るのを楽しみにしておりました。そのチラシくらいから、あらすじも掲載されるかと思います。大阪公演、東京公演ともに、役者さんのアフタートーク付きの回もあるようです。なんか、すごい!
 
 

新刊、届きました〜!
「緒崎さん家の妖怪事件簿 狐×迷子パレード!」
たぶん、週末くらいに発売かなと思います!
21502
 
今回もまた、とってもかわいいイラストを、かすみのさんが描いてくださいました! 3冊目にして、表紙に人数が増えています。トップアイドルにして金太郎の子孫、鬼退治にこだわりをもつ少年ハヤテ君、満を持して表紙に、しかも、因縁の鬼・酒呑童子の隣に登場です。
 
新登場の妖怪さんは、飼い主大好きな化け猫くんと、シュウ君大好きな雪女ちゃん。それから、タイトルにもあります通り、化け狐さんご一行様。
若菜、シュウ君(酒呑童子)、アキ君(鵺)の三人組に、ヤマタノオロチ、浦島太郎、ぶんぶく茶釜の、竹取屋敷同居人(妖怪?)たちもくわわって、大騒ぎの一冊です。
ぜひぜひ、お手にとってみてください!
なかのイラストも、とってもかわいいです!
 
去年の2月に1巻を出してから、一年足らずで3巻目。
初チャレンジの児童書ジャンルに受け入れてもらえて、ほっとしています。これからも、こちらのジャンルでも、書き続けていきたいです! 
 
あ、春に出る時代小説は、児童向けではなくて、一般向けです。大坂が舞台の、連作事件もの。ノリとしては、「洪庵」シリーズに、ちょっと似てるんじゃないかなって感じです。
 
その「洪庵シリーズ」の舞台のほう、追加情報が発表になりました。
脚本、松田健次さん。演出、錦織一清さん。音楽、岸田敏志さん。
 
……演出されるのがどなたなのか、知ったのは、だいぶ前なんですが。企画書を見た瞬間、指を鳴らすあの有名なイントロが脳内に鳴り響いたことを白状いたします。なんといっても、十代の頃のアイドルですから! 
 
キャストも、追加発表になりました。
上田堪大さんと、佐藤永典さん。
お二方とも、2.5次元舞台などで活躍されてる方です!
上田さんは、天游先生の息子の耕介さん。佐藤さんは、さて、どういう役になるのか、作者もまだよくわかっていません。原作には登場しないキャラクターです。舞台は舞台、すべてが小説の通りではないんだよね、ということが次第に明らかになってきておりまして……どきどき。
 
舞台化は初体験で、とてもとても楽しみだけど、一方で、不安はありますし、感情があっち向いたりこっち向いたり大変だったりはするのですが、そういうのすべて、前のめりに経験しこうじゃないか!、という気持ちでおります。ドラマのときもそんな感じで、最終的には、あれこれひっくるめて「いい経験だった」と思っているので。滅多にできる経験ではないですから。自分の作品を、別のジャンルのプロの方が、別の形に変えていく。不思議な気持ちになるでしょうが、それも、貴重な体験。
 
こないだ、友達とカラオケ行きまして、ボックスにこもってだらだらおしゃべりして、ご飯食べて、映像見て、まただらだらおしゃべりして……という、リラックスタイムを長々と過ごしてました。私が歌うのは、基本、アルフィーさんかアニソンなんですが(気心の知れた趣味の合う相手としか行かないんで、好きな歌だけひたすら歌います)。最近のカラオケって、プロジェクターの大画面で映像が見られるようになってたりしまして、せっかくやし、「桜華に舞え」とか「勝利の凱歌」とか、御本人映像付きの歌を映してみたりしました。この方が左近ちゃんで、この方が若狭くんになるんだよねー、どうなるんだろ、なんて、話しながら。……や、他の方の映像もあると思うんですが、とりあえず、すぐにわかったのが、そのお二方でしたので。こういうのも、また、「滅多にできない楽しみ方」かな〜、なんて。
 
あ、しつこいですが、「緒方洪庵・浪華の事件帳」シリーズは、ただいま、手に入りにくい状態にありますが、舞台上演が近づきましたら、新装版が出ます。舞台情報の載った帯がついたのが。もう少し、お待ちくださいませ(出版社の事情と、舞台化決定のタイミングが、なんともびっくりするくらいかみあわなかったんです……情報解禁の時点で、在庫ありにしたかったんですけど……!!)
 
 

234332
新しい年が始まりました。
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。
 
233741
年の初めに、お参りさせていただきました。
二十年前、このお寺と、大坂という町の歴史に惹かれ、一つの物語を書きました。デビュー作『浪華の翔風』です。その後、同じく四天王寺を舞台にし、四天王寺楽人と〈在天別流〉という特殊な一族の出てくる小説、「緒方洪庵」シリーズを、続けて発表しました。
 
それらを書いている頃の私は、まだ作家と名乗るのも恥ずかしいような半人前の物書きでしたが、結果として、〈在天〉が、私をプロ作家にしてくれました。作家として仕事を続けて十年たった頃にドラマ化が決まり、私の仕事の世界を再び広げてくれたりもした、大事な作品たちです。
 
デビュー二十年の今年。
もう一度、違った形で、「洪庵」シリーズは世に出ます。なんだか、不思議な巡り合わせです。長年、このシリーズを見守ってきてくださった方々のおかげです。
 
気持ちをあらたに、すべての始まりだった四天王寺さんにお参りし、あらためて、今後も精進しますと誓ってきました。
舞台「蘭〜緒方洪庵・浪華の事件帳」に関わるみなさまの健康と舞台の成功も、お祈りしてきました。
今後とも、〈在天〉の物語を、どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
もちろん、デビュー以来手がけてきたシリーズだけではなく、新作についても、いっそう、気合い入れております。
 
新刊ですが、まずは今月、小学館ジュニア文庫さんから、「緒崎さん家の妖怪事件簿」シリーズの3巻目が出ます! 今回も、いろんな妖怪がにぎやかにわちゃわちゃしてます。よろしくお願いします!
 
それから、春には、時代小説の新刊が出ます!
私の作業はもう完了済みでして、このくらいは言っちゃっていいかなと思いますので言っちゃいますが、初期〈在天〉シリーズ以来になる、単行本での刊行です。舞台は大坂、江戸時代。アクションあり謎解きありの、築山らしいけど新しい感じだね、と思ってもらえそうな作品にしあがったんじゃないかと。
 
デビュー作から二十年。
まだ作家と名乗り続けられていることに感謝しつつ、今年も、がんばりますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
あ、四天王寺と言えば、「未来記の番人」も、もちろん大事!
234053
これ、見えますでしょうか。赤くチェックしてあるところ。四天王寺金堂にある、「聖徳太子が鷹になってよみがえってきたときのための止まり木」です。伝説は、このような形で、今に伝えられているのです。
 
233829
で、おみやげはもちろん、「四天王寺の西門前の饅頭屋」の、おまんじゅう。
作中のと違って、おいしいんです!これはもう、声を大にして言わなきゃいけないところなんですが!……なんで作中で、おいしくなさそうな饅頭屋にしちゃったかな私。あちこちで言ってますが、このお饅頭が好きなので、饅頭屋なんですよ、あのひとたち。設定上、どうしても、やる気のない饅頭屋になっちゃうんですけども……。
 

あらためまして。
「緒方洪庵シリーズ」舞台化について、お知らせいたします。
 
まず、大事な大事なお知らせなのですが。
このシリーズ、『禁書売り』『北前船始末』の二冊とも、現在、双葉文庫版、手に入りづらい状況ではないかと思います。
ですが!
もう少し上演が近づきましたら、「舞台化」と書かれた帯つきの、おそらく役者さんの写真も入ってるんじゃないかなーという帯つきの、文庫新装版が出ます! もちろん、双葉文庫さんから!
……なので、「舞台化」速報から興味をもたれて、原作本を読んでみようかなと思われた方がおられましたら、しばし、お待ちいただければと思います。
よろしくお願いいたします!
 
……といいつつ。
このHP見てくださってる方は、もう原作は読んだよー、という方のほうが多いんじゃないかなとも思うんです。で、そういう方が気にしてくださっていることがあるとしたら、「発表になったキャストさんたち、いったい誰がどの役を演じるの?」ということなのでは、と。
 
なので、ですね。
原作者として、いち早く、その辺をお知らせしようかと。……松竹さんからも、OKいただきましたし!(いち早い、ですよね? もう他で出たかな?)
 
では、まいります。速報チラシ掲載順、左から右、上から下、です(チラシ、現物を私が写真にとったものなので、見えづらくてすみません…)。
20171227
緒方章(後の洪庵)・藤山扇治郎さん。
左近(お佐枝)・北翔海莉さん。
在天楽人、若狭・荒木宏文さん。
大坂商人山城屋・神保悟志さん。
女医お定(天游の妻)・久本雅美さん。
章の師匠、中天游・石倉三郎さん。
町奉行所同心新井・丹羽貞仁さん。
おあき・宮嶋麻衣さん。
診療所の女中・高倉百合子さん。
大坂商人加島屋・ゆーとぴあピースさん。
同心手先・渋谷天笑さん。
船頭卯之助・笠原章さん。
 
 
すごいでしょう!?
この豪華キャストがずらりとそろう「洪庵シリーズ」の世界、今から楽しみで仕方ありません。
 
…といいつつ。
原作をすでにお読みの方は、この配役見て、「え?これ、どんな話になんの?」とも思われたんじゃないかなーと。連作八話ある原作のうち、思々斎塾メンバーと、在天メンバーは、まあ物語のなかの立ち位置もそれなりにはっきりしてるわけなんですが、そのほかの、商人さんとか船頭さんとか、そもそも別の話に出てる方々がなんで一堂に会してんのかとか、おあき出てるんなら他に足りないキャストいるだろとか。そういうことを思われた方がいるといいなと、原作者としては思います。原作者も、そう思いましたもので(笑)。(あ、呼び名としての屋号は、多少変わる可能性がある、かもです)
 
でも、そのあたりは、まだ言えませんで……。
さらなる続報を、お待ちいただければと!
 

情報解禁されました!
 
「緒方洪庵・浪華の事件帳シリーズ」が、舞台化決定!
「蘭RAN〜緒方洪庵浪華の事件帳」として、来年五月、大阪松竹座と、東京の新橋演舞場にて上演されます。
 
主演は、松竹新喜劇の藤山扇治郎さんと、元宝塚トップスター、北翔海莉さん。
 
舞台化のオファーをいただいたときには、それはもうびっくりしましたが、その数ヶ月後、キャスト決まりましたって一覧表を送っていただいたときは、ほんとに「ぎゃー」って叫びました。あまりに豪華で。主演のお二方以外も、すごいです。詳細、また書きますが、とりいそぎ、速報で!
 


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.275sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya