カテゴリー
アーカイブ
 

「蘭」全国巡業、最後の地、大阪松竹座での公演が始まりました!
松竹座では、舞台のあと、ライブもついています。楽しい!
初日、観劇してきました。明日も行きます〜!
今からでもまだ間に合います、みなさま、ぜひ劇場へお運びくださいませ!
燃え尽きてしまって短い文章しか書けませんが、書かずに明日に備えてやすみます。明日も楽しみ!
 
 

「蘭 緒方洪庵・浪華の事件帳」、先月31日の千葉松戸市公演と、翌9月1日の東京立川市公演、続けて観劇してきました。
 
初日とくらべて、また少し変わったところもありまして、楽しかった!
毎回、劇場が違うので、その変化もおもしろいです。
 
再演で初めて「蘭」を見たという知人に、「原作と全然違うね」と言われまして、あらためて、そうなのかなと思ったりしました。まあ、私が書いた小説には、「喜劇」の要素はほとんどないので、おもにその辺りのことかなと思います。私がその「違い」の衝撃を乗り越えたのは初演のときなので、今回は素直に「これが『蘭』だから」と受け止めておりますが、もしかしたら、やっぱり「違う」のかもしれない。
 
でも、とにかく、私は「蘭」が好きで、とんでもない治療をなさるおさだ先生や、ドタバタかけまわる手先の半治さんや、愉快なケモノ一家や、再演でもやっぱりただでは死なない加島屋さんの引き起こす笑いがとても好きです。もちろん、キメるとこキメてくれるみなさんのかっこいい&泣ける場面は、たまらなく好き。松戸、立川公演でも、一緒に見た編集者さんと、「一回見るたびに残り回数が減っていくのがさびしい」と話していました。体力がもっとある時期だったら、遠方への遠征もチャレンジしたかったなあ本当は。
 
そういえば、舞台上で章と耕介のやりとりを見ていて、ふと思ったことなのですが。史実では、この二人、数年後に天游先生が亡くなったあと(悲しいことですが、江戸への旅立ちが師弟の今生の別れになります)、一緒に長崎に蘭学修行に行くのです。師匠の死を知っていったん江戸から大坂に戻った章と、親の後を継ぐにはまだキャリアが足りなかった耕介とが、一緒に。
 
「蘭」の章と耕介が長崎まで一緒に旅をしたら、楽しそう。にっこり笑顔の絶えない珍道中になりそうです。
 
「蘭」一座のみなさまは、昨日の神戸公演を終え、続いて、天草、鹿児島、名古屋、金沢、岡山、そして、千穐楽の大阪まで旅をされます。どうぞ、最後まで、どなたも体調を崩されることのありませんように。松竹座でお待ちしております!
 
この楽しいお芝居が、一人でも多くの方に見ていただけますように!
 
 
……と、さっき、ここまで書いて、いったん記事をUPしたんですが、あとから気になりましたので、つけたしです。
 
ええとですね。「違う」部分もたくさんありますけど、「違わない!」と作者が思ってる部分もたくさんあります。章と左近の心の動きが感じられる場面とか、〈在天別流〉の華麗な殺陣とか、左近の生演奏の龍笛とか!たくさん!あります!
たとえば、〈在天別流〉のアクションが見たい!という方にも自信を持っておすすめいたします。
あと、高麗屋の饅頭を左近や若狭の手から受け取りたい方も。チャンスがあるかもしれません!ぜひ、劇場へ!
 
 

8月11日、埼玉県戸田市にて、「蘭 緒方洪庵・浪華の事件帳」再演、始まりました。
 
初日、さっそく見に行きました!
照明の落ちた客席に、あのテーマ曲のイントロが流れ始めたとき、懐かしくて嬉しくて、ちょっと涙ぐみそうになりました。
 
終演後にお目にかかった松竹のプロデューサーさんには、「やっぱり蘭好きですー!」と迷わずお伝えしました。もうね。それはね。いろいろ違うんですけど。初演以上に、いろいろ違うかもしれない。私の書いたものと。でも、やっぱり、根っこはちゃんとあの世界で、大切にしてもらってる。その大切にされ方は、初演以上かなとも思います。
 
全国巡業の初日なんで、ネタバレできないので、詳しくは書きませんけども、めっちゃ笑って、ほろりとする。そして、かっこいい。キメるとこキメてくれる。歌、舞、龍笛、殺陣、にっこり笑顔、たっぷりの笑い。ホントにもりだくさんで贅沢な舞台です。
初演を見てくださった方にも、そうでない方にも、とっても楽しい舞台だと思います。
まだ初日なのでくわしく書けないのがつらいです。初演の千穐楽後にやってしまったみたいに、感想は長々語りたい質なのです、本当は。
 
一人でも多くの方に、見ていただきたいです!
 
巡業はまだ始まったばかり。
暑いなかでの巡業ですが、千穐楽まで、みなさまの健康と公演の成功をお祈りしております!
(あ、もちろん、私また行きます……!)
 
 

2019
再演「蘭」の脚本いただきました。
 
初演のときとくらべ、自分の経験値とみなさまへの信頼度がぐんと高くなっておりますので、ページ開いて混乱したりはせず、「おー、今度はここがこうなるのかー」と、楽しく期待をふくらませて読んでいます。
 
「初演のキャストさんが一部変更になるんだな」という認識が、「新しい蘭ができるんだな!」という感じに変わってきました。初演の蘭がとてもとても好きだっただけに、どんなふうに変わっちゃうんだろうという不安はあったんですが、変わるんじゃなくて、引き継いだ新しいものになるんですね。楽しみ!(いや、まったく別物になるってことじゃないですけど!)
 
もうお稽古も始まってるみたいですね。
私は、プログラム用のご挨拶文を仕上げました。今回の舞台に関する、事前の私のほぼ唯一のお仕事です。あとは、見に行くだけ!
 
新しい「蘭」、全国各地での上演です。
みなさま、ぜひぜひ、ご覧になってください!
 
 
さて、その他の近況ですが。
今、アルフィーさんの新しいアルバムをひたすら聴きこんで、惚れ直しているところです。いろんなタイプの曲があるけど、そのどのタイプも好きだから、これだけ長い間ずっとアルフィーファンなんだよなあ。そして、どの曲も、コンサートで聴くとさらに好きになる。「進化論B」が特にヘビロテです。いや、ヘビロテって今もいうのかな。自分の生活のいちばん大きなところには、可能な限り、好きでたまらないものを置いていないと、エネルギーが足りなくなるものだと実感しています。それがままならない期間があったのは仕方ないことなので、なんとかなるようになった今、多方面で急速充電中。
 
 

この春、私を元気づけてくれたもの。
2019
少しばかり元気がなくなってきたので、この春の勲章を並べてみました。コンサート三回分。結構、無茶して参加してますが、それでも、行けば必ず、無理してでも行って良かったと思います。絶対の信頼。やー、もーね、腕を疲れさせるなとか汗をかくなとか言われながらアルフィー聴くの辛いって。拳も振り上げたいし汗だくでノリたいし。
 
他の予定はことごとく見送ってるような現状ですが、何がなんでもこれだけはと思ったコンサートに行けたからいいや。あ、徳川美術館の展示も行けました。「にっかり青江」の丸亀に行けなかったのはめちゃくちゃ悔しかったですが、また必ずチャンスはあるはず。
 
焦ることもありますが、とにもかくにも今は、治療を最優先に暮らしています。行動に制限がなくなり体力もととのってくるのは、たぶんちょうど「蘭」の全国巡業始まるころかなあと思ってまして、そのぶん、夏への期待が募ってます。今年の夏は「蘭」とアルフィー45周年に夢中になってすごそう。それと、小説と。
 
焦るな焦るなと言い聞かせてます。ゆっくり、のんびり。こういう時期には、人生をシンプルに考えたりします。大事なものをただ大事にして生きていきたい。
 
そういえば、病院帰りに映画「ゴジラ」見ました。めっちゃかっこよかった。「シン・ゴジラ」のあの在来線を初めて見たときみたいに、「すげー」って感嘆して思わず笑っちゃうくらいかっこよかったです、特にキングギドラ。モスラも。
 
あー、明日も病院だー、がんばろー。帰りに元気が残ってたら、「ゴジラ」の二回目か「コナン」見に行こ。
 
 


XPressEUC Ver.0.30 (included WordPress 2.7) (0.268sec. )
ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
© 2008-2019 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya