江戸時代の大坂
史跡めぐり
史跡めぐり(適塾・思々斎塾・懐徳堂)

大坂地図(適塾・思々斎塾・懐徳堂)

適塾外観1
適塾正面。都会のオフィス街のなかに、江戸時代がそのまま残る。

適塾外観2
適塾の東側。史跡公園として、小さな庭が造られている。

適塾大部屋
二階。三十二畳の大部屋。大勢の塾生が寝泊まりしていた場所。

適塾大部屋柱
大部屋の中央にある柱。塾生たちのつけた傷が当時のままに残る。

適塾書斎
一階。中庭に面した、緒方洪庵先生の書斎。

適塾客座敷
一階。前栽に面した、書院風の客座敷。

適塾物干し台
適塾西側の公園にある洪庵先生の像。後ろに見えるのは適塾の物干し台。

適塾物庭
客座敷の縁側から見た庭。

中天游邸跡・思々斎塾
中天游邸(思々斎塾)跡。緒方章が学んだ蘭学塾は、江戸堀中公園に石碑だけ 残っている。

懐徳堂石碑
日本生命ビルの壁に埋め込まれた、懐徳堂の碑。大坂町人の「学校」がかつて ここにあった。

※1〜8 撮影:kuroneco

ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2017 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya