著作紹介
著作紹介トップ : 9 一文字屋お紅実事件帳 :  Total:2

並び替え:  発売日 (
現在の並び順: 発売日 (新→旧)

1 〜 2 を表示 (全 2 作品)



一文字屋お紅実事件帳 御堂筋の幻

一文字屋お紅実事件帳 御堂筋の幻     
(廣済堂文庫 2006年9月刊行 600円)

五十年前、大坂町奉行が金塊を大坂の町に隠したままお役替えとなり、江戸へと去った。
金塊のありかを探すために舞い戻った町奉行の息子は大坂の町で非道な行いを繰り返す。
踏みにじられた町娘の恨みを果たすため、お紅実や仙太郎たちが立ち上がった。
金塊の行方を探るうちに見えてきたのは、五十年前の朝鮮通信使を巡る殺人事件だった……。

書き下ろし時代小説シリーズ第二弾!
   

一文字屋お紅実事件帳 紅珊瑚の簪

一文字屋お紅実事件帳 紅珊瑚の簪     
(廣済堂文庫 2006年3月刊行 600円)

大坂の板元一文字屋の娘お紅実は父親の文蔵と二人暮らし。母親の死とともに江戸から大坂に移り住み、小さな本屋を切り盛りしながら暮らしているお紅実が殺人事件に巻き込まれる。
事件の裏には莫大な御用金を大坂商人に要求する勘定奉行や、それに対抗して町人の生活を守ろうとする豪商たちとの確執が……。
そして、お紅実の意外な過去があきらかに!

書き下ろし時代小説シリーズ第一弾!
   

1 〜 2 を表示 (全 2 作品)



ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2017 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya