著作紹介
1 浪華疾風伝あかね Total:2 (2)
2 天文御用十一屋 Total:3 (3)
3 寺子屋若草物語 Total:3 (3)
4 家請人克次事件帖 Total:4 (4)
5 銀杏屋敷捕物控 Total:3 (3)
6 甲次郎浪華始末 Total:5 (5)
7 緒方洪庵・浪華の事件帳 Total:8 (8)
8 浪華の翔風 Total:2 (2)
9 一文字屋お紅実事件帳 Total:2 (2)
90 鴻池小町事件帳 Total:1 (1)
91 緒崎さん家の妖怪事件簿 Total:3 (3)
92 アンソロジー 他 Total:3 (3)
93 その他 Total:1 (1)

   現在まで40作品あります。    

作品一覧

31 〜 35 を表示 (全 40 作品)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 »


一文字屋お紅実事件帳 紅珊瑚の簪

一文字屋お紅実事件帳 紅珊瑚の簪   カテゴリー9 一文字屋お紅実事件帳  
(廣済堂文庫 2006年3月刊行 600円)

大坂の板元一文字屋の娘お紅実は父親の文蔵と二人暮らし。母親の死とともに江戸から大坂に移り住み、小さな本屋を切り盛りしながら暮らしているお紅実が殺人事件に巻き込まれる。
事件の裏には莫大な御用金を大坂商人に要求する勘定奉行や、それに対抗して町人の生活を守ろうとする豪商たちとの確執が……。
そして、お紅実の意外な過去があきらかに!

書き下ろし時代小説シリーズ第一弾!
   

甲次郎浪華始末 迷い雲

甲次郎浪華始末 迷い雲   カテゴリー6 甲次郎浪華始末  
(双葉社 双葉文庫 2006年1月刊行 600円)

美濃屋の一人娘おりんが失踪した。ちょうどその頃、大坂の町で、公家の御落胤を自称する若者が評判になっていた。甲次郎と祥吾は、失踪事件と御落胤騒動とに深いつながりがあることを探り出す。
御落胤騒動に巻き込まれた若者達が選んだそれぞれの道とは……?

書き下ろし長編時代小説第四弾。
   

女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る

女性作家捕物帳アンソロジー 撫子が斬る   カテゴリー92 アンソロジー 他  
宮部みゆき選 日本ペンクラブ編

(光文社 光文社文庫 2005年9月刊行 1048円)

女性作家15名による捕物帳アンソロジー。
「禁書売り」(『禁書売り』鳥影社ロゴス企画部所収)が収録されています。
宇江佐真里、小笠原京、北原亜以子、澤田ふじ子、杉本章子、杉本苑子、築山桂、畠中恵、平岩弓枝、藤水名子、藤原緋沙子、松井今朝子、宮部みゆき、諸田玲子、山崎洋子(五十音順)の作品が収録。


   

甲次郎浪華始末 雨宿り恋情

甲次郎浪華始末 雨宿り恋情   カテゴリー6 甲次郎浪華始末  
(双葉社 双葉文庫 2005年7月刊行 600円)

大坂町奉行所同心が殺された。内々に処理せよという城代の命に反して秘密裡に同僚の死の謎を追う丹羽祥吾。手を貸すことになった甲次郎。二人に襲いかかる刺客、不可思議な行動をとる城代の奥女中。事件は若狭屋の信乃を巻き込んで思わぬ展開を見せる……。

書き下ろし長編時代小説第三弾。
   

甲次郎浪華始末 残照の渡し

甲次郎浪華始末 残照の渡し   カテゴリー6 甲次郎浪華始末  
(双葉社 双葉文庫 2005年3月刊行 600円)

呉服商若狭屋の跡取り、甲次郎と道場仲間だった豊次が殺された。犯人捜しに奔走する甲次郎に大坂城代管轄の煙硝蔵が破られたという噂が届く。
一方、若狭屋に寄宿している千佐の友達、美弥を郷里に送り届けた甲次郎と千佐が何者かに襲われて……。

嘉永年間の大坂、武家同士の確執の影で千々に乱れる町娘の恋心。書き下ろし長編時代小説シリーズ第二弾。
   

31 〜 35 を表示 (全 40 作品)« 1 2 3 4 5 6 (7) 8 »



ホームお知らせ自己紹介著作紹介江戸時代の大坂雅楽練習記お問い合せ
Copyright 2008-2018 TSUKIYAMA KEI Produced by Yokohamaya